キタカミ徒然 / ボヘミやんの採集日記

三葉虫を追い続けるボヘミやんのユル過ぎる日記 【 since 2005.11.24 】

 
三葉虫標本一覧 ジュラの峠のアンモナイト  旧・ヘミやんの採集日記 E-Mail 左フレームが非表示の場合はこちら

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

子猫ちゃん(笑)

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ボヘミやん
>ニャロメさん

雌型にも無いですよ〜
数がまとまれば、その中に何個か変わったのが
入って来るんじゃないかと思います。
投稿者:ボヘミやん
>エンシェントさん

長安寺産に関しては、ほとんどがサブコニカに
統合出来るでしょうね。
モノグラフは、やりすぎた観が否めません(笑)
投稿者:ニャロメ
雌型にも粒状装飾がないんですか〜?
これも第二標本が欲しいですね。
次から次へ課題となるような標本を出しますね〜(笑)
投稿者:エンシェント
確かに似たようなと言うよりほとんど
同じだろっていう種類が多いですよね〜
種類の断定で細かい学名までは結構難しいですよね。
おまけに資料も少ない・・・
それにしてもいい標本ですね
投稿者:ボヘミやん
>ペクテンさん

特に石炭・ペルムは再検討すれば結構減るんでしょうね。
モノグラフから時間も経過しましたし、
既に再検討すべき時期に来ているものと思われます。

復帰した時、思った以上に三葉虫研究が進んでいないのに驚きましたが
本当に誰かやる方がいないでしょうかね〜
投稿者:ボヘミやん
>e550さん

ヒグチザワエンシスの特徴、その通りですね。
サイトのコイズミアイもヒグチザワエンシスに訂正しようかと思ってます。

保存が悪くて粒状装飾が確認出来ないのは有りましたが
これだけ保存良好で「無い!」と言い切れる標本は
私も初めて見たような気がします。

粒状装飾が無いと言えば、この産地からはもう1種、尻尾が出てますね。
投稿者:ペクテン
北上の三葉虫類は、ゆくゆくは種が統合され、今より種が減るかもしれませんね、新種狂想曲の時代から、試料が集まりだした現在で、もう一度再検討する時代が来たのかもしれません・・ていったい誰がやるのでしょう。
投稿者:e550
私が見たいものをピシャリと出してこられますねえ。恐れ入りました。尻尾はやはり似ていますね。粒状装飾なしで縁面があまり発達せず、中軸の先が縁面に届かないのが樋口さんの特徴っぽいですが如何でしょうか。しかし、モノグラフにはあまり良い標本が載ってないですね。数もあまり出ていないような感じがします。大森さんに混じってたまに出てくる程度なのでしょうか。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ