キタカミ徒然 / ボヘミやんの採集日記

三葉虫を追い続けるボヘミやんのユル過ぎる日記 【 since 2005.11.24 】

 
三葉虫標本一覧 ジュラの峠のアンモナイト  旧・ヘミやんの採集日記 E-Mail 左フレームが非表示の場合はこちら

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

子猫ちゃん(笑)

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ボヘミやん
私もサンゴだとは思うのですが・・・
次回のキタカミ巡検の時にでも見て下さいm(_"_)m
投稿者:ペクテン
む〜ん。何でしょうね〜?サンゴのようにも見えますが、実物を見たいですね〜。
投稿者:ボヘミやん
形状が似てるのはボラ君かなと思いますが、肋の数で?です。

H4、どこか別のポイントがありそうな気がするんですけどねえ・・
投稿者:e550
あっさりと納得されて拍子抜けしてます(笑)
枕元に三葉虫本積んで寝ている成果が徐々に現れてきたかな。
リベンジ付いていきますよ。のぼりますよ。
次回はG沢があるので行きませんが(笑)
投稿者:ボヘミやん
皆さん、ありがとうございます。
やはりペルムのは難しいようですね。

三葉虫は、e550さんが仰るようにコノフィリップシアかも?
肋の数が、ほぼ一致するみたいだし
リンガフィリップシアより立体的です。
何時かはリベンジせんとイカンですね(笑)
投稿者:芯座
あ、蓋が開いた状態っていうことですね(笑)
でもやっぱりわかりませんね。
投稿者:芯座
予想通り(...)分りませんでした。写真を見ると円盤状の化石に見えるのですが、それが蓋、ということですか?力になれなくて申し訳ございません。
古生代の化石は良く分からない模様が沢山出てくるのでそれも魅力の一つだと思っています。模様一つで色々な想像が膨らんだりするので...。
下の三葉虫、中軸幅が広いですね...。
投稿者:ニャロメ
上のやつはpectenさんの見解を待ちましょう(笑)
投稿者:e550
上はパスで三葉虫の方ですが、この時代にもコノフィリップシア(2タイプでコイズミアイではない)とリンガフィリップシアがいますね。現物見た記憶の印象でいくとコノの装飾のないタイプというのが近いかな、と。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ