キタカミ徒然 / ボヘミやんの採集日記

三葉虫を追い続けるボヘミやんのユル過ぎる日記 【 since 2005.11.24 】

 
三葉虫標本一覧 ジュラの峠のアンモナイト  旧・ヘミやんの採集日記 E-Mail 左フレームが非表示の場合はこちら

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

子猫ちゃん(笑)

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ボヘミやん
お手数お掛けしましたm(_"_)m感謝しきりです!

もう1種はmorganensisになってますね。
付記してあるRaglanってのが判りませんが・・

購入品はともかく、自採されたものは
出来るだけ細かな産地を記しておきたいものですが
今の纏め方では単にオーストラリア産と云うことで済まされるかも?
お手を煩わせた上に、こんなオチになるかも知れず
申し訳ありませんm(_"_)m
投稿者:ペクテン
遅くなりました。残りの写真の岩質は、Cameron bridgeの物に似ているように思いますが、ここから見つかっているコノフィリプシアの種名は小泉氏に書いていただいたラベルではsubquadrataとなっております。当時の巡検記ではこの二か所からのみコノフィリプシアが産出したことになっておりました。ただ、小泉氏は神戸のK氏ともオーストラリアに行っておりますので、より詳しいことはK氏が知っていると思うのですが・・・
投稿者:ボヘミやん
腕足小僧さん、補足ありがとうございます。
そう言えば、これとは別に
「立石」と書かれたものがあったような気がします。

「Zingaphillipsia」発見しました〜(笑)
確かに小泉さんの書体は独特ですがアルファベットは
比較的読み易いと思ってました。
こんな落とし穴があったんですね!(爆)
投稿者:ボヘミやん
ペクテンさん、ありがとうございます。
お手数お掛けしているようで申し訳ありませんm(_"_)m

21で読み取れるのは地名だったんですね。
とすると、種が違っているのはもう1ヶ所の産かも知れませんね。
次回の作業が何時か、全く判りませんが(笑)補足しておきます。
投稿者:腕足小僧
福島県の石炭系で三葉虫の産地となると、南相馬市鹿島区立石周辺の真野層で、ここからは確かにConophillipsia も産出していますが、これらの写真とは石の質感がまったく違いますし、化石の保存もこんなに良くありません。

私も、これらの標本は日本産でなく、産地はConophillipsia のもうひとつの産出国であるオーストラリアで、ペクテンさんの推測が正しいと思います。

久しぶりに小泉さんのラベルを見ました。非常に味わいのあるというか、独特の書体ですね。
アルファベットのLをZのように書くクセがあって、報告等でLinoproductusがZinoproductus、Linguaphillipsia がZinguaphillipsiaとなっていたことがありました。
小泉さんのラベルを解読する際には、ご注意ください(笑)

余談ですが、後者のZingaphillipsiaは、ボヘミやんさんとの共著の報告にその箇所があるのですが、お気づきでしたか?
投稿者:ペクテン
遅くなりました。実はオーストラリアでの採集記を探していて遅くなりました。1991年8月に私はK氏とオーストラリアに行きましたが、ここでコノフィリプシアを採取した場所は二か所でした。一か所目はNSW州のBranch Creek Roadという場所でした、細かな腕足も含まれていましたので、写真22,23はおそらくこのロカリティーだと思います。残りは別の産地かもしれませんが、なんせ十数年前に採取した化石ですので、どこに入っているのか・・・もっか発掘中です。しかもどこの産地も、日本同様に尾板ばかりが出てきて、頭鞍部は滅多に出ませんでした。やはりどこの国も完全体はおいそれとは採集できなということですね。
投稿者:ボヘミやん
>ニャロメさん

「本日見た標本の一部」のところにリンク張られてますよ〜

完全体はA・K氏の許にあるのでは?
投稿者:ボヘミやん
>ペクテンさん

尻尾ばかりでチークが1個のみなので
国産とばかり思ってました。
お手数お掛けしますが、宜しくお願い致しますm(_@_)m
投稿者:ニャロメ
21〜29の産地とはどんな化石なのでしょう?どこかにUPされてるのですか?
クラスペは完全体なかったですか〜?
投稿者:ペクテン
すいません憶測で、もしかすると国産ではなくオーストラリアのNSW州産かもしれません。私はO氏と現場に行きましたので、なんとなくその産地のものに似ているような気がします。自分が採集した標本もどこかにありますので、この写真と見比べてみますです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ