キタカミ徒然 / ボヘミやんの採集日記

三葉虫を追い続けるボヘミやんのユル過ぎる日記 【 since 2005.11.24 】

 
三葉虫標本一覧 ジュラの峠のアンモナイト  旧・ヘミやんの採集日記 E-Mail 左フレームが非表示の場合はこちら

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

子猫ちゃん(笑)

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ボヘミやん
そうでしたか〜お疲れ様でした。
ニャロメさんもダメだったみたいですし
かなり厳しいようですね(/・_・\)
私はその日、腰痛で唸っておりました(爆)
投稿者:ペクテン
実は18日、○府に行っておりました。ご連絡しようかな〜とも思ったのですが、ここも状況はあまり良くないという情報だったのですが、単独で挑みましたが結果は惨敗、5時間たたいてダオネラだけお持ち帰りいたしました。ここはホントの惨敗でした。
投稿者:ボヘミやん
共産する三葉虫、デシセグメンタは
石炭紀とされてますけどねえ・・・?
産出ポイントはデボン紀寄りです(笑)
投稿者:Nです
アンモナイトすごいですね。
これって、一応、デボン紀のものとされているものですよね。
それも露頭から。
三葉虫でなくても、すごいですね。
まだ、こういうものが眠っているんですね。
石炭の栄も、まだ、あなどれませんね。
投稿者:ボヘミやん
いかんせん保存が悪く、
ニャロメさんに差し上げたものの方が良いですよ〜ヾ(^o^)
投稿者:ニャロメ
このところ神出鬼没のボヘミやんさんですね(笑)またも日本最古のアンモ出しちゃいましたか!以前はお譲り頂いたのですよね。頭足類好きの私には非常にありがたいもので、ガラスケースに入れて大切に保管させていただいております。仙台市科学館で開催されているみちのくのアンモナイト展では、ここではプラチクリメニアのほうが多く、コスタクリメニアは稀とされてましたね。それを二個目とは、おそるべしボヘミやん!5cmとはけっこう大きいですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ