キタカミ徒然 / ボヘミやんの採集日記

三葉虫を追い続けるボヘミやんのユル過ぎる日記 【 since 2005.11.24 】

 
三葉虫標本一覧 ジュラの峠のアンモナイト  旧・ヘミやんの採集日記 E-Mail 左フレームが非表示の場合はこちら

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

子猫ちゃん(笑)

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ボヘミやん
ここは確かにキャリックスは結構出ますねえ。

熊鈴は持ってるけどキタカミでは使ったこと無かったなあ(笑)
何時でも戦えるよう、ピックハンマー片手に歩いてますよ〜(爆)
投稿者:よっちゃんのおじさん
しかし、滝はすごい産地ですね〜!
キャリックスはたまに出る産地もあるけど、腕や茎まで一緒についてるなんて! (*_*)すご〜い!

ちょっと前に、岐阜では熊に多数の人がおそわれたニュースがありました。今は、熊鈴が手放せません。ひとりで静かに山の中を歩いているとばったりと出くわすかもしれないので、気を付けてね〜!
投稿者:ボヘミやん
ブラウンさん、ご来訪ありがとうございますヾ(^o^)

滝ではキャリックスの頻度は高いようですね。
この大きさのものが、そうそう出るとは思えませんが
腕が付いたものは今後も産出するんじゃあないでしょうか・・
投稿者:ブラウン
初めまして、いつもブログを読ませて頂いてるブラウンと言う者です。

私も滝でウミユリのキャリックスは採取しましたが、ここまで生々しい標本は見たことがありません、素晴らしいの一言です。
投稿者:ボヘミやん
>ニャロメさん

最高・・って、そんなに〜?(爆)
出品しようかなって思ってたのに(笑)

熊が居ることは昔から言われてたし、デボンの方では
糞も見てますからねえ・・・
少なくとも「シカでした」ってことは無いと思います(爆)
投稿者:ボヘミやん
>ペクテンさん

やっぱ、すごいんですか〜('o'=)
でも実物見ると、もっと驚くかも?(笑)

私が採った中では最大級のもので、腕部分の幅は5cm近くあり
型を取ると腕も分岐していることが分かります。
実は半分ですが反対側もあって、技術がある方なら
合わせればかなり厚みのある立体的なレプリカが作れそうです。
投稿者:ボヘミやん
>芯座さん

ただならぬ気配・・って、どんなっ気配ですねん\(--;)(笑)
追い払ったのはジム君でしょうねえ・・・
足跡があってのは車置き場から数mの所ですから。
投稿者:ニャロメ
このウミユリは素晴らしい。自分がこれまでに見た日本の古生代のウミユリ化石の中で最高のものと言っても過言ではありません。
三葉虫完全体も近くにいそうですね。
それにしてもあのあたりに熊ですか・・・いても全然おかしくはないけど。以前のように「切り株でした」ということはないですよね(笑)
投稿者:ペクテン
うう〜ん。これはすごい!ここまで保存されたcalyxなら、属まで調べることは可能だと思います。しかも前期石炭紀、米国のインディアナ州のものも前期ミシシピアン亜期ですから類似するものがあるかもしれません。ただ、残念ながら日本でウミユリの専門家居ないんですよね〜。
投稿者:芯座
その足跡はただならぬボヘミやんさんの気配を感じて逃げ出した熊のものに間違いないと思います。つまり不戦勝したのでは...。
キャリックス、前のものに続いてこれまた凄いですね〜。外国の普通産地と十分肩を並べられるくらいのレベルの産地だと思っています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ