キタカミ徒然 / ボヘミやんの採集日記

三葉虫を追い続けるボヘミやんのユル過ぎる日記 【 since 2005.11.24 】

 
三葉虫標本一覧 ジュラの峠のアンモナイト  旧・ヘミやんの採集日記 E-Mail 左フレームが非表示の場合はこちら

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

子猫ちゃん(笑)

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ボヘミやん
あの辺りは、やはり昔掘られた跡かと思います。
ブラウンさんの掘った層は、もう私が掘っている場所にはありません。
まあ層準は一つじゃないでしょうから
あとは深く掘り下げて化石層が出るかどうか・・です。

酸処理はなかなか難しいですね。
私は一度酸に漬けて放置してあった石を外にばら撒きました。
もう自然風化に任せます(笑)
投稿者:ブラウン
巡検お疲れ様です、例の場所ですね。

地層からちゃんとした完全体を出してみたいと思っていましたがどうも掘る規模を広げないと駄目そうですね。
持ち帰った石の処理もある程度進んできたのですが、思った以上に石の石灰質の部分は多くなく大型の岩は内部まで塩酸が染み込まないようですね。

適当に細かく割った石を塩酸に漬けて反応が終わった後に表面を観察して化石を探していますが芳しくは無いです。

いずれにしろ根気良く調査すれば一級品出ますよ(笑)
投稿者:ボヘミやん
どこにあるかパッと見には分からない三葉虫、
これが見つけられるようになると
次の標本へのステップになると思います。

如何せん、叩くべき石がもうありませんでしたが・・(笑)
投稿者:タイムトラベラー
薄層マトリックスとの闘い、泥まみれになり
、久し振りに心地好い汗をかきました。

“石炭の坪”の三葉虫達は、協力的でした。然し、チョッと目を離すと採取したベージュのマトリックスの中へ、すぐ姿を隠してしまい、マーキングして置かないと目に入らない
と云うマニアックな標本、たいへん気に入ってます!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ