キタカミ徒然 / ボヘミやんの採集日記

三葉虫を追い続けるボヘミやんのユル過ぎる日記 【 since 2005.11.24 】

 
三葉虫標本一覧 ジュラの峠のアンモナイト  旧・ヘミやんの採集日記 E-Mail 左フレームが非表示の場合はこちら

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

子猫ちゃん(笑)

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ボヘミやん
皆様、ご回答ありがとうございます。
やはり直角石でしょうか・・

実は記し忘れたことがありまして・・
雌型画像の左側を見ると分かりますが右半分は円柱状なのに
左半分は角ばっているんですよね・・
それで現場では直角石とは断定出来ませんでした。
投稿者:よっちゃんのおじさん
殻の模様、すごいですねぇ〜!
こんなにいい状態のが出るんだねぇ〜!
隔壁のような所を見るとやっぱり直角石かなぁ〜?
投稿者:ニャロメ
パッと見、コニュラリアかと思いましたが、やはり直角のようですね。しかし殻が残った抜群の保存状態、種類としても貴重ではないでしょうか。これは凄い!
投稿者:fossil1129
上画像の左側、殻の剥がれた部分に
隔壁状のものが見えていますね。

サイファンクルが見えればいいんでしょうが、
こりゃ、また難しいですね。

すごいですね、ペルムの森。

http://fossil1129.exblog.jp/
投稿者:ペクテン
この形状からして直角系だと思います。コニュラリアは四角錐なので、断面が円形なら直角だと思います。でもこのような表殻装飾は見たことがないですね〜。凄い!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ