(神無月廿壱日) 時代の暗部  社会

昨日の朝日新聞夕刊を見て驚いた。

<警視庁公安部は30日、東日本旅客鉄道労働組合(JR東労組)の松崎明元会長(71)を、上部団体の全日本鉄道労働組合総連合会(JR総連)の内部組織の資金3千万円を横領した業務上横領の疑いで書類送検した。 調べでは、松崎元会長は00年4月、JR総連の内部組織「国際交流推進委員会」(当時)の基金口座から3千万円を引き出し、横領した疑い。 基金口座の通帳は、JR総連の関連団体の日本鉄道福祉事業協会が管理していたとされる。直後に、松崎元会長側はハワイの高級住宅地にある別荘を3千数百万円で購入。この購入資金は、同協会職員の個人口座を通じてハワイの不動産会社に送金されており、公安部は、横領した金が充てられた疑いがあるとみている。 松崎元会長はこれまでの朝日新聞の取材に「沖縄にあった妻名義の土地を売却して得た資金なども口座に入っており、私的流用はしていない」と容疑を否定。JR総連も「横領された事実はない」としている。>

見たところ他紙では書かれていないようだが、横領事件で公安部が動くこと自体に不穏さを感じるのではないか。「JR東日本に巣くう妖怪」と呼ばれた男である松崎明氏。松崎氏はJR東労組の絶対権力者であり、革マル派最高幹部と言われているのである。そして信じがたいことだが、JR東日本は、人事権、経営権、設備投資権といった企業経営の根幹まで松崎氏に握られてしまっていたとも云われていた。なぜ、世界最大級の公共交通機関が革マル派に支配されたのか。この疑惑を突いた週刊文春はKIOSKでの販売を中止させられ、週刊現代は車内の中吊り広告から外された。(現代は今も外されているのではないか?)

この長年の懸案に警視庁公安部がようやく着手したのである。すこしでもこの国の闇を知っているメディア関係者の多くは、このベタ記事を驚愕して眺めたに違いない。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ