(神無月参拾日) 三ツ木  ぐるめ

門前仲町は風情のある街である。ひとつ通りを裏に入れば、そこにはEDOがある。この三ツ木もそうした店のひとつである。富岡八幡宮の門前にあるこの店には9月に行ったきりだが、その際に焼酎のボトルをキープしたのだが、店主からキープは3ヶ月ですよと云われていたのである。会社の仕事も一段落したので、部下をつれてお邪魔することにした。

カウンターのコーナーがちょうど空いていて、両サイドは左側は昭和、右が平成を代表する女性陣で、おっさんがぐだを巻いているような寿司屋ではない。店は明るくて、ちょっぴりやせた西郷隆盛を彷彿させる大将の握る寿司は、程よい大きさで、いきなりのトロで口の中は幸せでいっぱいになる。江戸前の海苔でまかれた軍艦も美味いの一言である。シャリを入れてある籠は特製のもので(これは写真をとらないと説明できないか)いかにも風情がある。

おまかせで一通り食べ終えて、ふとカウンターにある蟹に目が止まった。ズワイガニのメスである。その小ぶりさが気に入って早速注文。先日上海蟹を食べ損なったので、今年初めての蟹三昧である。酒が進むばかりである。久しぶりに落ち着いたが、明日はまた厄介なことがある。一人でやるには限度もあるが、見て見ぬふりをする奴の多いこと多いこと。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ