(霜月参日) 資産運用フェア  経済

今日日曜日は東京金融取引所主催のセミナーが東京国際フォーラムであったはずだ。はずだというのは、もともと行く予定であったのだが、明日からの合併にともなう作業が午前中で済まそうとしていたのだが、これが昼過ぎまで延びてしまい、今日一日しなければならないことが多くて断念したのである。どんな話だったのだろうか。というのは福井前日銀総裁の記念講演があったのだ。まあ、この金融危機の場面でリタイアしておいてよかったというのが本音だろうが、彼の在任期間中の低金利も世界経済の混乱の元凶の一つであることには間違いないだろう。財務省の円高防止への大規模介入といい、金融危機のマグマを醸成したことを彼はどう釈明したのだろうか。

さて前日には東京IPO主催の資産運用フェアでは、外銀のストラテジストがこれからも円高は続くと強調していたが、さてどうなるか。確かに1兆4000億ドルの財政出動で米ドルの信頼性には暗い影が忍び寄っている。しかし、ドル以外の通貨で各国が決済できるかといえば、誰もが疑問を抱くに違いない。

今回の急激な円キャリーの巻き戻しで東京金融取引所の「くりっく365」も証拠金で300億円以上を消失させている。個人投資家の傷の深さは大きい。しかし、土曜日にセミナーに集まっていた個人投資家は極めて逞しい。一語一語を聞き漏らさないと本当に真剣なまなざしで、ストラテジストを見つめている。このセミナーの終了時には、スポンサーからの商品券やipod,Nintendo Wiiがあたる抽選会もあるのだが、自分の用事が済めばさっさと席を立っているのである。抽選にわずかな期待をする自分が恥ずかしい。ははは。(でも以前の抽選会ではNintendoDSをゲットしているのだが、二匹目のドジョウがいるはずないよね)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ