(皐月八日 宵月) 天皇の背中  政治

天皇陛下が29日に埼玉の金型工場を視察され、「ものづくり」の現場を激励されたという。体調を慮ってご公務削減を周囲が考えている中での、このお出ましである。毎年、こうした工場の現場などを訪問されるのは恒例ではあるが、今年は特に、陛下のご意向が強かったとのことである。

「ものづくり」の技術の伝承と雇用確保の両面で長年健闘している中小企業を励ましたいという陛下は、その背中で政治を掌る者たちを叱っておられるのではないだろうか。国会議事堂で野次合戦をしている連中には、そんなことはわかりもしないだろうが。「雇用確保で」「長年健闘している」企業に足を運ばれる姿に、昨日TVで見た中小企業からの貸し剥がしに奔走する銀行を思い出し、彼らは「中小企業を励ましたい」という陛下のお気持ちをどう受け止めるのだろうか。

現地での陛下と現場の人々との微笑ましい交流の様子は、産経新聞のサイトに詳しく報じられている。

<その後、池上金型工業の池上正信社長や同行した高市早苗・経済産業副大臣らと会食、同社の社員食堂で作ったカレーを召し上がった。池上社長によると、昭和9年に東京都内で創業したという同社は、「集団就職で来た中卒の社員を預かるに当たり、お昼ご飯くらいは彼らに温かいものを食べさせてやりたい」という創業者の精神を受け継ぎ、中小企業ながら今も社員食堂で昼食を提供しているという。陛下のご視察に当たっても、宮内庁と相談の上、「わが社として自然な形でおもてなしすることにしました」(池上社長)として、社員食堂で作ったカレーを用意したという。>

<池上社長によると、陛下は同社の管理栄養士に「おいしゅうございました」と声をかけられたそうで、社員食堂のカレーの味には陛下も満足されたようだ。宮内庁によると、陛下は現下の厳しい経済情勢を大変憂慮されており、今回の視察先について特にご関心が強かったという。>

国を預かる人の姿とはこういうものではないだろうか。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ