(皐月壱拾弐日) ハッピーバースデー  プライベート

誕生日といっても私ではなく、長男の誕生日である。昭和59年6月4日広島の産婦人科で無事生まれた。父親になった瞬間でもある。愚妻はつわりがひどく、今は無き香里園の山一證券の寮から夜中に、高速道路で広島の実家に連れて帰り、とんぼ返りで大阪の会社に向かったときもあった。今になっては無茶をしたものである。

最初の子供で家にはたくさんの写真がある。それを相手する父の姿は実に若い!髪の毛もふさふさである。ははは。あの頃は全てが長男中心だった。初めて立ったときの感動は忘れない。

その子も今年で25歳。社会人3年目の堂々とした若者に成長してくれた。世が世ならば、もう孫がいるかも知れない年になった。これからまた一回り成長して欲しいというのが親の願いである。障害者の妹がいるというハンディも苦にしていないが、あまり彼に負担をかけるのは本意ではない。自分自身の将来に向けて頑張って欲しいものである。

メールをしたが、こちらの健康を気遣ってくれる出来た?愚息である。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ