(水無月壱拾五日 望) タカベ  ぐるめ

関西で「タカベ」といってもほとんど通じない。夏場が旬のちょっと高級な魚、体長は25aぐらいで見た目は鯵に似ているが、白身の魚である。主産地が伊豆諸島ということもあり、関東地方中心に出回っている。おもに塩焼きや刺身にして食べることが多い。例年7〜8月にかけて漁期を迎えるのだが、今年は天候不順で海域がしけが多いようで出漁が少ないようで、卸値が高いらしい。小売だと一匹500円前後というのだから、お店で出てきたときは結構するはずである。

私がこの魚にお目にかかったのは、あの「厨」がまだ小舟町にあったときである。夏の魚ということで本当に美味しかったのを昨日のように覚えている。この時期は脂がのっていて本当に旬の魚なのである。

関西も今は「はも鍋」の美味しい季節で、それなりに楽しんでいるが、人間というのは勝手な動物で、無いものねだりとなりやすいのだ。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ