(葉月六日) 25%削減  経済

鳩山首相は国連気候変動首脳会合(気候変動サミット)に出席し、日本の温暖化ガスの中期目標について「2020年までに1990年比で言えば25%削減を目指す」と表明した。日経のコラムに「ゼミナール」があるが、今は三菱総研が担当している。今回のお題目はCO2削減社会だが、ちょっと前までこれに15%という文字が削減の前にあったのをご存知だろうか。いきなり首相が25%といったものだから、三菱総研や日経も慌てたのだろう。
    
1997年の京都会議で日本がした約束は、「2012年までに、日本は1990年と比べて温室効果ガスを6%削減する」これに対する実績は2005年で減るどころか7.8%の増加となっている。麻生前首相は今年のサミットで国際公約を、2020年までに1990年対比8%減、2005年から見れば15%減少するとした。これが15%の根拠であった。

鳩山イニチアティブは2005年の現状対比なら、30〜35%も減らさなければいけない。そんじょそこらの努力で出来る約束ではない。しかし、国連で並み居る世界首脳を目前に大見得を切っただけに、約束を果たさないと相当のしっぺ返しを日本が食らうことになる。

国内的には利害関係者からの猛反発を受ける可能性が高いし、特にCO2排出量が多く、政治力も強い電力や鉄鋼産業等にとっては、技術的なブレークスルーが必要なので、手強い反発が出てこよう。昔松下幸之助が「原価が1割下がらんのやったら、3割下げることを考えたらどうや。」といったのを思い出した。

1割の原価を下げる時には、従来の延長線上で考えるものだ。しかし、3割なら設計や生産等を根本から考え直さないと出来ない。でも、発想転換すれば3割削減できると、幸之助は考えたのだ。CO2削減も、原価削減と同じようなものではないだろうか。発想転換してCO2削減が出来たなら、それは世界に2つとない技術となる。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ