2010/4/4(如月廿日) ネット購読料  プライベート

有料サイトのスタンダードを年間一万円あたりに最初に設定したのは日垣隆氏の「ガッキィファイター」だった記憶がある。いまでも購入し続けているが、一時失業中ということで割り引いて貰ったりしたが、ちょっといろいろ考えることがあって今は正規料金を支払っている。今年になって保険をかなり見直したのに続いてネット購読料もバカにならないので点検した次第である。

まず最初に取り消したのがヤフーFのVIP版。これはまだ半年にもなっていないが効果なしと云うことで取りやめ。二番目に取り消したのが勝谷誠彦氏の「勝谷誠彦の××な日々」。毎朝かなりの分量で来るので、費用効果は十分なのだが、取りやめの理由は最近トーンがマンネリ化して新しい知識を吸収するという初期の目的からずれてきたこと。第一義的に民主党支持というそれは別にかまわんのだけど、口調がくどいのよ。確かに朝日新聞を罵っているが、あれが無くなったら貴方はどうするのという素朴な疑問がふつふつ。まあ朝日がなくなるのはすぐじゃないだろうが、産経や毎日はもう危ないだろうし、所詮マスコミで飯を食っているのに、あまりあの言い方は下品でしょ、というのは理由なのだ、ははは。

まあ医者の息子だし、大学は早稲田だけど中高はあの灘高なので頭はいいのだろうが、パターンが一緒なので賞味期限終了なのだ。それに少々疑問を持った点を送ったが返信は一回も無し。この辺がツイッターではレスポンス早いし、著名人でもまめな人も多く会話を好む私にはいい。

まあ、まだよく見ればあるのだろうが、すこしづつ領収書をみながら整理していこう。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ