(水無月廿参日 下弦) 夏の京都  プライベート

祇園さんもおわり夏の京都は送り火のポスターが目立つ。でも大文字の方角を見ると秋を思わせる赤いというか茶色の木々が目立ち痛々しい。どうもぶなやならの山焼けらしいが、本当にきょうざめ(興ざめ、だじゃれを言っている場合ではないが)である。

しかし本当に今年は地球がどうかなったのかというぐらい暑い、というかあつ(熱!)
こんな暑い日に京都にやってきたのは本当に久しぶりのスーツ姿の面談。結果は分かないが順調となれば来月中旬以降全日での勤務となるかも知れない。といってもこの年で良い待遇があるわけでもなく、少々厳しい仕事であるが可能性はあるかもしれない。

結果が出ればまたこのブログで経過報告したいと思います。でも今日のにわか雨すごかったねえ。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ