(葉月廿日) カリスマ店員  社会

9月初旬の週末、東京都内の居酒屋で総勢50名程度が参加した懇親会が開かれた。参加者の大半は大手、中堅・中小出版社の営業、編集担当者である。ここまでは出版業界のイベントとして珍しいことではない。だが、招かれた数人のゲストが違っていた。そのゲストとは、地方書店の店員と店長たちである。なぜ彼らが招かれたのか。それは彼らが「売れ筋の書籍を見出す目利き」(中堅出版社の営業担当者)であり、時には書籍の売れ行きを左右する存在であるからに他ならない。いわゆる「カリスマ書店員」なのである。

カリスマ店員というヘアサロンやファッションブティックの店員のことかと思っていたが、いまや地方の本屋さんの店員が注目される時代なのである。アマゾンで本を探している人は気付かないが、最近の書店の店頭では「おすすめ本」と書店員がコメントをかいた札があちこちに目立つ。書店大賞などカリスマ書店員の目利きが決めている賞も多くなってきた。

1990年代初頭のピーク時に全国で約3万店あった書店の数は現在、その約半分の1万5000店にまで減少している。「電子書籍の普及が進めば、今後10年程度で書店数は約5000まで減少する公算が大」(大手出版社)との見通しもささやかれるが、それがどうだか分からない。結構紙のニーズはまだまだ高いというのが私の持論である。

実際本屋さんで本を手にとって買うべきか悩む人は少なくなっているのではないか。時間つぶしで本屋に立ち寄る人が多く、アマゾンをはじめとするネット販売では決済も簡単でスムーズなデリバリーが何よりだ。重い本をもって電車に乗って自宅まで歩くのは結構辛いものである。

人の評判を気にすることに何のためらいもなく賛同する人が多くなってきたのもカリスマ店員が注目されるようだ。それは自分で読んで考える人が少なくなっていることを意味するのではないか。出版業界にはありがたい存在かも知れないが、業界の先行きの暗さを示している。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ