(神無月八日) スパーキー・アンダーソン  スポーツ

11月4日に元MLB監督スパーキー・アンダーソンが亡くなった。両リーグを制覇した初の監督でもあったが、私の記憶はビッグレッドマシンといわれた1970年代のレッズの監督時代が印象的である。75、76年のワールドシリーズを連覇したときのメンバーはすごかったが、この監督の手腕も並ではなかった。79年からはデトロイト・タイガースの監督を17年間もつとめ84年にワールドシリーズを制し、両リーグで制覇したのである。

デトロイトの監督をやめた96年のオフに実は阪神タイガースの当時の野崎球団社長がアンダーソンの本に感銘し、監督就任寸前まで進んでいた。年俸や住居も決まっており、後はサインだけだったが、スパーキーの奥さんがわざわざ日本まで行って苦労することはないといってご破算になったのである。

もし、スパーキーが監督になっていたら阪神はどうなっていたのだろうか。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ