(師走廿参日) GDPに対する税収比較  経済

少し前のエコノミストを読んでいたら、思わぬ情報を眼にした。今日から国会では代表質問もあったようだし、こういう視点で質問する議員はいないのだろうか。

OECDのシンクタンクによると2009年の世界の主要国のGDPに対する税収額の平均的な割合は33.7%で、その前に調査した2007年の割合は35.4%立ったので若干低下しているとのことだ。しかし2008年はリーマンショックでGDPが大幅に低下したので絶対額の税収は大きく低下したとも指摘している。まあ、割合だけでなく、絶対額もしっかり把握しないといけないのは当たり前ですが。

さて世界で最もGDPに対する税収が高いのはどこだと思いますか。普通に考えると北欧あたりかと思われるが、デンマークの48.2%がトップである。その次がフランスの42%、ドイツの38%と続いている。ドイツは2007年に比べて欧州で唯一比率が上がっている。その後は欧州勢が続き、イギリス35%、アイルランド35%、スペイン31%、ギリシャ30%となっており、ドイツ国民にとっては自分たちより税負担が小さい国に対して、なぜ金を出すのか!と怒る気持ちも分かるよね。

これ以下では韓国が26%で、アメリカは24%である。ところで気づきましたか?我が日本の割合は?GDPが約500兆円に対して、税収は約40兆円なのでわずか8%なのである。世界で最高の社会保険と医療保険を維持する一方で、GDPに対する割合はトルコの18%の半分にも満たないというのでは、財政赤字が膨らむだけであると一概に断定するのはおかしいかもしれないが、やっぱり変でしょう。

アメリカ並みに24%に上げたら120兆円で余裕の黒字である。それで法人税の減税とかいうのだから、どこで税負担を免れているのか、きちんと説明すべき政治家が現れるべきであると思うのだけど、これっておかしいと思います?

4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ