(文月廿五日) 秋の気配  

今日の朝ほど過ごし易い朝は今年の夏初めてだろう。その証拠に6月以来の乾燥注意報が関西地方に出されている。二泊した三人は今日広島へ向かう。いつもは10時近くでないと起きてこない次男が、6時過ぎには起きてきたのは、昨日の約束の確認だろうか、(^^)

普段は慌しく、さらにいやいやながらする朝の身支度も家族がいると苦にならない。家族とは本当にありがたいものである。東京に7年、さらにこちらでは事情があって昨年3月に、家族がバラバラになって久しいが、子供たちは問題行動も無く、それぞれ成長している。娘も自分の好きな事をして楽しんでいる。それをさせている愚妻に感謝感謝。駅に向かう私に窓から手を振ってくれる愚妻を振り返り、家族を幸せにするのが私の仕事と改めて心に誓う秋の気配がする朝だった。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ