(卯月壱日 朔) 社員サロン  

ある会社に転職された方からお誘いがあって、本町で食事をすることになった。その方の会社はある大手企業の関連会社で、近くに社員専用のサロンがあって(いわゆる○○倶楽部である)格安で食事が出来るというのである。

入口で署名して(いいのかなあ、仮名なのに)案内されるとホテルのラウンジのような雰囲気だった。まずはビールを注文して料理のメニューをみる。えぇ!こんなに安いの!そういえば東京にいたとき、勤めている会社の階下でNTT社員用のサロンがあったが、ここは他の会社でもOKだった。しかし、料理もほどほどに美味しくて、二人で焼酎のボトルを一本空けて(まあ、ほとんど私が飲んでいましたが)しまった。結構酔いが廻ってきてお開きにしましたが、会計は予想通りの安さでした。

しかし、このサロン、秋には閉鎖になるようです。最近こうした福利厚生というのはアウトソーシングされている。こうした古い伝統というのもなくなっているのだろうか。総務もリストラしてますというには、格好の材料になりそうですしね。○○ガスの話です。 
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ