(師走壱拾参日) インテリジェンス 武器なき戦争  

手嶋龍一・佐藤優 共著 幻冬舎新書

幻冬舎が新書市場に参入した最初に刊行された17冊のうちの一冊で、創刊の目玉とされ初版は4万部だった。思惑通り予想通りの売れ行きらしく、話題性が見込める本を作り、積極的な広告でベストセラーに育てていくという手法は新書でも生きているということか。

intelligenceとinformationの違いを、英語を母国語としない日本人はなかなか区別できない。戦後体制で安全保障を米国依存にしたことで、諜報戦において日本は世界からはるかに遅れてしまった。しかしそのおかげで経済成長に専念したことで世界二位の経済力を築き上げたのもまた事実である。

対北朝鮮だけでなく日本外交の課題は多い。しかしそれを担う外務省の陣容は十分とはいえないし、週刊誌的ネタが外に漏れること自体、箍が外れているといってもいい。これには日本特有の資質というか、まず最初に器を作ってそこに人材を投入するという手法の限界が来ているといってもいい。人材の育成というのは言うは安く成り難しという典型例だ。

元NHKワシントン支局長の手嶋龍一と元外務省情報分析官の佐藤優が対談したこの本は、外交に不可欠なインテリジェンスという特定のテーマに関する知識や情報を手軽に入手したいというニーズにこたえたものといえる。再チャレンジと誰かが言っているが、この佐藤優など貴重な人材なのだから、しかるべき立場で日本外交に貢献できるようにすべきではないか。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ