(睦月廿日) キエフの大門  

ムソルグスキーの「展覧会の絵」はよくご存知だろうが、終曲として荘厳に鳴り響くのが「キエフの大門」である。オレンジ革命といわれたウクライナのユーチェンコ大統領が就任してはや二ヶ月が過ぎようとしている。冷戦後、世界は唯一の超大国となった米国と勃興する中国に目を奪われるが、多極世界の一方の雄、欧州の出方を注目しないと世界の潮流は分からない。既に原油価格の上昇に比例してユーロの決済通貨としての地位は確実に高まっている。アジアのローカル通貨のは羨望の眼差しでこれを見つめるだけである。

ユーロ対ドルはエアバスボーイングのようなものだといわれたのは、ユーロが創設された1999年である。当時のエアバスとボーイングはライバルであったが、エアバスはボーイングにはかなわないというのは一般的な見方で、通貨もそれと同じだと欧州側が自嘲していた。ところが、そんな力関係は数年であっという間に変わってしまった。先程「空飛ぶ客船」と呼ばれた超大型機を本社工場で披露したエアバスは既に航空機受注でボーイングを上回っている。これに対してボーイングも7E7で巻き返そうとしているが、新鋭機の投入時期の早いエアバスの離陸はすぐそこである。ジャンボを上回るスーパー・ジャンボの登場は大欧州の底力ともいうべきものだろう。

さらにハード面だけでなく、ソフトパワーでも欧州の積極的な動きが見られるのだ。地球温暖化を防ぐ京都議定書に対して、EUは不参加の米国を尻目に排出権取引を始め、二酸化炭素の排出を抑えようとしている。先日コメントした米国型キャピタリズムに対しては、CSRという概念があるが、これは欧州の発想といってもいい。多極化の一つ、中国に対しても中国と距離を置くブッシュ政権の間隙を狙うかのように、民間企業を引き連れてのEU各国のトップ外交は恒常化している。この結果、2004年でEUは中国の対外貿易で米国、日本を抜いてトップに踊り出ている。したたかな現代のローマ帝国の復活である。

唯一の超大国と大欧州がしのぎを削っているのに対して、北朝鮮の問題もあってか日本は大欧州の展開に無関心すぎるのではないか。二度の世界大戦を経て統合の求心力を21世紀に開花させつつある欧州の戦略に注目すべきである。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ