2008/1/4

山口・広島観光紀〜その弐〜  旅行

 写真で脚色できればもっと面白くなると思うんだけどね。あいにく携帯の電池が残念なことになっていたのでなにも撮れていないのだよ。


 例のSAから再び出発。再び寝て起きると萩の街に着いていました。そこで昼ごはん。大体お土産屋さんの二階にあるものなんですね。食べてもらう帰りにお土産を買ってもらうという目論見なのか。ちなみにこのお土産屋さんは「萩焼」という地元の焼き物を売っていました。

 昼食を取った後は松陰神社へ。ここはかの有名な吉田松陰先生が祭られている神社。東京の世田谷にも松陰神社がありますが、こちらに亡骸があるらしいです。萩の松陰神社にあるのは毛髪だけ。そんなガイドさんの話を聞きながら本年最後の神社参拝。その後松下村塾も見学。

 その後ホテルへ。ここのホテルのすごいところはね。

統一感がまるでない
 
 に尽きる。何しろロビーが地中海風で、部屋が和風でレストランが北欧風。また中庭も日本庭園とローズガーデン・・・とばらばら。。激しく動揺。料理は和風に統一されていましたがw

 年末はK-1見てたなあ。あとオーケストラだ。NHK教育のwwずっと聞きながらいつの間にか年が明けていました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ