2008/1/24

論理的に話すことが難しい日本語。  社会問題

 筋が通ったまじめな議論をする人が少ないと感じるのは私だけでしょうか。前回の続きとなるのだが、日本語は英語より抽象的な文法や言葉が多いと思うのです。たぶん、それは気候や風土、さらに言語体系の問題だと思うのですが。

 ごく少ない知識から引用させていただきますが、英語は主にラテン語系なんですよね。だからラテン語で使われていた言葉に似ている前置詞が多い。それに対して日本語の語源は不明なんです。。確かに漢字は中国から来たけど、だからといって文法はまるで違う。

 当然のごとく、気候も文化も違うので語彙の分布が必然的に違うわけですね。とりあえず二ヶ国語を比較してみて日本語のほうが抽象的な言葉が多い。

 しかし、それにしても日本語で議論するとどうしても抽象的な議論の方向、または議論のすれ違いが多いような気がするのです。それはなぜなのか。僕は日本人が討論や議論に慣れていないからゆえであると思います。慣れていないから議論の仕方が分からないのではないか。

 私は英語の時間だけではなく国語の時間などでもディベートの仕方を教えるべきだと思うんだけどなあ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ