2009/12/30

御用納め  日常生活

 今日で冬期講習が終了。台湾があったため、冬期講習は数学のみの受講となりました。来年から本格的にVCをやらないといけないんだよなあ。。まあ、なんとかなるでしょ。

 実は一月に大事な大事な英語の試験があって、それに向かって受験勉強中。何回でも受けられるというしろものなのですが、出来るなら一回でスパッといい点数をとって辞めてしまいたい。

 英語の試験で泥沼にはまりやすいのがTOEFLiBTという試験。これは留学に必要なのですが、色々な意味で酷い試験なのです。まず

1.試験会場を確保できない
  この試験はテストセンターの他に民間の学校や予備校の一角を借りて行われるのですが、受験者の割に場所が少ない。下手をすると都内で受けられないといったことも。

2.試験中のトラブル
  いつかの「とくだね」でやっていたのですが、受験の際に使用するパソコンのトラブルが原因で試験が受けられない人がいるようです。一回試験が受けられないと1のせいで直近に受けられなくなり、出願に間に合わないということも。

3.試験の難しさ
  この試験にはリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングという四つのセクションがあるのですが、スピーキングセクションが鬼門。問題の難しさはもちろんのことマイクが故障したり、周りがうるさくて声が入らなかったり。あと試験時間が異様に長いのも特徴。

 これらの要素が組み合わさって、この試験はすごく嫌われています。しかし、アメリカの大学や大学院、ロースクールやMBT目当て、はてはPh.Dを海外で取りたい人は受けなければならない。。全くトラウマな試験です。。全く。

 いつの間にか愚痴になってしまいましたが・・・年末だからいいかw
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ