市長リコール  政治

市長リコールについて、このtweetを貼っておきます。

0

2020/2/24

マンスプレイニング  生活

マンスプレイニングという言葉がある。男性が女性を見下しながら、偉そうに説明することを意味する。

このtwitterで指摘されたこと



でも、この男性(高橋しょうご)、見事に返り討ちされている。

saebouさん(https://twitter.com/Cristoforou)、北村紗衣武蔵大准教授は英国文学演劇・女性史の専門家で博士号も持っている。「ご存知でしょうか」と話しかけるなんて、マンスプレイニングの典型だ。笑っちゃう。

私は北村紗衣さんのファンだ。向田邦子、米原万里、森まゆみと読んできて、今からは北村紗衣さんかな、と思っている。「砂糖とスパイスと爆発的な何か」はとても面白かったよ!

このtweetで「私は女性史史学賞受賞者ですよ」と言っていることに対して、「こんなふうに自慢するなんて」と批判した人がいたけど、saebou先生、「むしろ、私みんなに自慢したい」と言ったので、「こういう人、私大好き!」と思ってしまいました。

北村先生のブログ⇒「Commentarius Saevus」天使も踏むを怖れるところ
https://saebou.hatenablog.com/

マンスプレイニングに対していつも見事に返り討ちにしている人は他にもいる。

精神科医の「パプリカ」さん
そしてアメリカの弁護士「渡邉葉」さん(椎名誠の長女)

パプリカさんの切返しの例。ビシっと言ってるなぁ。


渡邉葉さん。これはマンスプレイニングでへの返しではないが、映画が同性愛差別だと批判された監督の弁明、への反論。



渡邉さんはちょっと前Twitteで論戦になった時、法律に基づく的確な論(tweet)があったのだが、探せなかった。

まぁとにかく、3人の毅然とした態度、弁舌の鮮やかさにはいつも尊敬の念を持つ。女性の若い世代がこういう風に育っているのだなぁと感慨を持つ。

私たちの世代は全共闘に異議申し立てした田中美津さんの「乱れつつ乱れつつ迫る」みたいな、理屈ではなく自分の違和感を情念を持って語る形だった。

こんなに自信を持って理路整然と意見を語る世代は本当に頼もしい。もちろん、このお三方だけでなく、こういう女性たちは沢山いる。twitterの世界ではクズ男たちの標的になったりするが、負けないで(もちろん負けてないけど)。
0

2020/2/23

Jリーグ開幕  

Jリーグが開幕した。開幕戦は21日(金)の湘南対浦和。

そして、今日マリノスの開幕試合。ガンバ戦があった。

残念ながらマリノスは1−2で負けた。

しっかりマリノス対策をされてきた感じがする。ま、始まったばかり、これからに期待。

で、何より一番嬉しかったのは、ユ・サンチョル氏が日産スタジアムに来てくれたこと。



そして私のツィート


私はスタジアムにはもう行かないが、この「ユ・サンチョル!」コールは聞きたかったな。

0

2020/2/22

沈丁花  季節

毎年恒例、沈丁花

クリックすると元のサイズで表示します

道を歩いていると梅の香が漂って来る。次は沈丁花だ。

植え込みの中にはジョウビタキに、ツグミの姿がある。

もちろん梅の花にはメジロだ。かわいい。
1

2020/2/17

カジノ説明会  政治

2月14日カジノ説明会@港北公会堂に行ってきた。

かなりダメージを受けた。

横浜市はカジノ計画を引っ込める気は全くないということがよくわかった。

市民説明会もアリバイ的にやっているだけ、市民の声を聞く気はない。

資料も、とっくにフェイクと指摘されているのもイケシャアシャアと出してくる。経済効果も、元データは非公開といういい加減なもので、横浜市も自分たちはデータを持ってないといっていものを平然と出す。

単なるプレゼン、嘘まみれ。経済効果もギャンブル依存症対策も治安対策も実にズサン。あるのはどんな汚い手でもカジノを作るぞーという脅しだけ。利権まみれ利権のみ。

林文子市長はバラ色横浜計画を吹聴したけれど砂上の楼閣。文子さんは夢見る夢子さん&権力・金亡者。

あんな奴らが横浜を牛耳っているのだ。

私は絶望しかないですわ。

カジノのある街には住みたくない。

私が歩けなくなったら、この家には住めないので、横浜以外に転居しなくてはならないが、もう検討を始めよう。

本当にね、心底、横浜が嫌になった。

「横浜を脱出したい」と知人に言ったら、知人は「私は日本を脱出したい」

そうだよね。日本どこも安倍もどきばかりだものね。ほんと腐敗列島。
0

2020/2/16

大倉山梅林  季節

今年も梅の季節になった。

大倉山梅林もこの通り。

クリックすると元のサイズで表示します

梅まつりは23日だけれど、その頃には満開を過ぎているだろうなぁ。

この写真は夫撮影。私はこの梅林まで記念館坂やオリーブ坂を登ることができるのであろうか。
0

2020/2/13

みなとみらいホールへ  音楽

山田和樹指揮、読売日本交響楽団 第117回みなとみらいホリデー名曲シリーズへ行ってきた。
グリーグ「二つの悲しき旋律」
シューマン「ピアノ協奏曲」ピアノ/イーヴォ・ポゴレリッチ
ドヴォルザーク「交響曲第7番」

シューマンのピアノ協奏曲が好きなのでチケットを取った。

9日のミュージカルといい、このコンサートといい、新型肺炎が流行するなんて考えてなかったから気楽に考えていた。

ホールに入ったらピアノの音が聞こえてきたので、調律しているのかなと思った。

舞台左奥で後ろ向きで男性がピアノを弾いている。うん?シューマンのメロディじゃないか。

じゃあ、あの方が今日のピアニストなのか。青いニット帽、オレンジマフラー、大きなチェックのコート姿だ。びっくり‼

山田一樹さんが入ってきて、コンサートが始まった。

グリーグの曲は初めて聴く。弦楽だけの美しい響き、優しい曲だった。

シューマンのピアノ協奏曲。ポゴレリッチさんは流石に本番では正装だった。

いやぁ、個性的だった。

最初ゆっくり始まった。低音部の音がポンと出るのでなく、ボヨヨンと聴こえる。そのような調律だったのかな。そしてソロ部分、あれ?こういう曲だっけ?こんなメロディ聴いたことないな、と戸惑っているとオーケストラの音が入ってきて、あ、やっぱりシューマンだ、となる。

ポゴレリッチ氏をずっと追いかけている方のtweet







とのことです。

ポゴレリッチさんはショパンコンクールで本選に進めず、その審査に怒ってアルゲリッチが審査委員を降りてしまったというエピソードで有名らしい。本当に個性な演奏をする方なんですね。

ドヴォルザークの交響曲は6番しか知らなくて、7番は初めてだ。2楽章は民族音楽的なメロディが印象的だった。3楽章は、「あれ、これ聴いたことがあるっと思った」

初めて聴く曲は何て感想を言って良いからわからないが、でも、この曲は好きだと思った。チャイコフスキーの「悲愴」を初めて聴いた時なんて捉え所がないなぁ、暗いなと思って好きじゃないと思ったのだが、今ではとても好きだ。だからこの7番はきっと大好きになると思う。

指揮の山田さんは全身がバネのようだ。丸顔なのでぽっちゃりなのかと思ったが、全然そうでなくて、かっこよかった。神奈川出身なんですね。アンコールの前に、よく聞こえなかったが、神奈川出身なのでこのホールで演奏できるのは嬉しいと言っていたと思う。

アンコールは写真が切れているが、アザラシヴィリの曲。
クリックすると元のサイズで表示します
山田さんが音楽を志すきっかけになった曲だとのこと。美しい曲だった。

ポゴレリッチさんのサイン会。後ろ姿しか撮れなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

肺炎が気になるのか、皆、トイレでの手洗いもいつもより丁寧だったし、そもそもコンサート中の咳が少なかった。咳をすると、周囲がギョッとするものね。

感染が早く収まりますように。。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ