2007/11/22

最低限の仕事サウジ戦  サッカー(代表)

帰宅しました。遅いので簡単に。(と言いつつ簡単にならないんだなぁ)。

なんか最後までこのチームらしさ発揮!でしたね。

まぁでも、とにかく、北京に行けてよかった。選手の涙、爆発する喜びよ!重圧から解き放たれた反町監督の表情。よかった、よかった。

一方、起き上がれないサウジの選手達は、やっぱり可哀想だった。サウジのサッカー協会のお偉いさんが、選手を抱き起こしていたね。

柏木のMOMは納得。運動量が多い。金髪をなびかせて、走り回っていた。帰りの道で、「北澤タイプだな」「いや、技術は上だって」という会話が聞こえた。

私は山瀬功治みたいと思ったよ。前線へ飛び出す、最後尾まで走って守備をする。

一方、本田と水野へは厳しい声が多かった。「本田、走れよ、サボるなよ」「水野、サッカーは独りでやるもんじゃないぞ〜」

サウジのGKを見ていると、かつての名選手、誰だっけ?を思い出す。手足が長くてしなやか。「点が取れそうな気がしないなぁ」と回りの人たちが言っていた。

最後の方はハラハラした。1点入れられたら終わりだもんね。反町監督の選手交代は遅すぎた。

最後、観客はエキサイトしていた。「大きくクリア!」「高く蹴り上げろ」。また、「選手交代で時間を使え〜」「なにやってる反町!」「遅すぎるぞ〜」

拮抗した試合だから、バランスが崩れるのを避けたかったのだろうけど、そう思うより、反町監督は「固まっていた」に違いないとつい考えてしまう。

代表を応援したくて、ゴール裏サポーターに合わせて手拍子をするんだけど、回りはほとんどやらない。あの手拍子はマリノス文化なのだろうか?

最後選手がグラウンド一周している時、「ひでなり〜」「こうき〜」「おかちゃ〜ん」などと声がかかるけど、誰にも声をかけられない、マリサポはとても悲しかったのだ

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ