2007/11/26

最近のお気に入り?  テレビ番組

ソフトバンクのCMにスヌーピーバージョンが登場した。う〜ん参っちゃう。しかもあの、ブラピやキャメロンと同じ音楽で。

上戸彩ちゃんのホワイト家族も奇妙な魅力がある。皆で手をつないでいるバージョンで、お父さんの白犬のしっぽが可愛いよね。

白イルカも、そう来るか、と言う感じ。

「予想ガイ」の時はあんまり好きじゃなかった。幼稚園児が登場するのがあったと思うけど、ちょうど恐ろしい事件が続いた時期だったので、やめて欲しいと思ったりした。

ブラピとキャメロンのはもちろん好き。CMが好きというより、もともと2人が好きなんだよね。

それに比べて、docomoは冴えないね。でも私の携帯はずっとdocomo。

今、ウチでは「小島よしお」くんがテレビに出ると、「おかあさ〜ん、お母さんの好きな人が出てるよ」と呼んでくれる。別に好きってわけじゃないけど



始まるとつい、見ちゃうんだよね(⇒探してわざわざ見たりはしません。念のため)

サッカーU17の選手達がゴールの後みんなで「そんなの関係ねぇ」をやっていても、私には意味がわからなかった。あれからわずかしか経っていないのに、「お母さんの好きな人」と言われるまでになってしまった。

で、考えた。どうしてだろう。

お笑いは基本的に見ない。つまらないから(世代の差)。

ギター侍とか、佐賀のハナワ?、「右から左」のヒゲの人、とか、聴いていると痛々しくてすぐチャンネル替えちゃう。なんていうのか、楽器や音楽を使っていても、「音楽的感性」が感じられない。歌になってないから、聴いている方が恥ずかしい。

「あれじゃ『おてもやん』や『秋田音頭』の方が余程まし。歯切れがよくてリズム感もあるよ」と言っていた。例の如く、家族には「それ何?」と言われたけど。

だけど、小島君はリズム感がいいんだよね。聴いていて、不快じゃない。楽しくなる。

「♪そんなの関係ねぇ」「そんなの関係ねぇ」は心地いいよ。特に子ども大勢引き連れて「そんなの関係ねぇ」をやっていると、壮観だなぁと感心しちゃう。

今のお笑いは私の「不快」のアンテナに年中引っかかるのだけど、彼は引っかからない。でも、ネタそのものはあんまり聞いてない。だから、また見たくなるのかな。

勢いはいつまで続くのでしょうか。

もう一つのお気に入りは、新横浜駅周辺のバス停にある「ニコール・キッドマン」の、なんていうの、「看板」(もっと洒落た言い方があると思うのだけど)。シャネルNo.5の宣伝です。ニコールがとってもきれい。美貌というのはこういうのを言うんだなぁと見つめてしまう。

このバス停の広告はいつもしゃれている。ジェニファー・ロペスの時も素敵だった。

プリンスホテルペペの前のバス停など、ちょっと日本じゃない雰囲気になる。自転車がズラッと駐輪してない時だけどね。

と、今日はたわいもない話でした。ま、いつも与太話だけれど。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ