2008/6/10


今日は4時に起きて、「オランダ対イタリア」を見た。いやぁあれほど差がついてしまうなんて。

最後の方は、まるで全仏決勝のナダル対フェデラーみたいに一方的になってしまった。ナダルはやっぱり強かった。試合時間も短かったね。ウィンブルドンもナダルが取りそう。それくらい、圧倒的に強かった。

オランダの1点目は、ちょっとイタリアに気の毒のような気もした。でも、2点目は素晴らしかった。イタリアのCKくずれから一気にゴール前に運び、あっさりゴール。

「あっさり」と見えるけど、その際の左サイドへ大きく出したボール、右へ振って、ヘディングで落とし、それをそのままシュートと、卓越した技術がある。そして、みんなよく走っている。

オシム前監督が「日本選手はもっと走らなければなりません」と言ったこと。「技術のある選手は走らないで良いと思っている。それは誤りです」と言ったこと。

オランダのプレーを見ていると、「あぁ、こういうことか」とよく理解できる。

とにかく、プレーが早い。足も早いし、パスも速いしシュートも速い、判断も早い。

欧州サッカーは面白い、欧州サッカーを見ていると日本サッカーなんてレベル低い、日本は当分追いつけないね・・・云々の言葉は「その通り」と思ってしまう。

その通りだけど、でも日本やJリーグを応援するよ。つまんないというのと、応援するのは別の問題。

イタリアは3点差完封負けは痛い。トニが決めてればね。フリーの味方がいるのに打ったり、完全フリーなのにふかしたり、パっとしなかった。

2点取られてからのイタリアの攻撃は迷いがあった。守備もバタバタしていた。カンナバーロの不在が大きいのだろうか。

結局今日は4時間しか寝ていない。毛布を洗ったり、梅ジュースを作ったり、梅酒をつけたりしていたら、ずっと起きてしまった。

早起きも悪くない。NHK教育の英語番組「赤毛のアンを読む」なんか見てしまった。マシューが死んだ夜、アンとマリラがしみじみ話す場面だった。朝からジーンとして涙が出ちゃった。

さ、早寝早起き。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ