2008/6/27

スペイン強し、他雑談  サッカー(その他)

ロシア対スペインの試合は後半から見た。

ビジャ(ビリャと書く新聞もあるけどどっち?)がいなかった。

小気味いいパスが回って、でもイニエスタが中央へ入って行くので、ちょっと持ちすぎでは?あんなにDFがいるところでどうやってシュートを打つの?(ここまでを一瞬のうちに考えた)

ところがイニエスタはスッとシュートのような・クロスのようなパス、そこに狭い間をすり抜けてシャビが走りこんできた、パッと足を出すとボールはネットへ。

「お〜お」と思わず歓声のようなため息のような声を出してしまった。

イニエスタがボールを持ってから、私は後ろやファーにいる選手に目が行っていたけど、中央に走りこんでくるシャビには全く気づかなかった。絶妙の飛び込み。

その後F・トーレスの惜しいシュートもあった。シュートに失敗して芝生に倒れたトーレスの「失敗しちゃった」、という表情は少年のように可愛らしかったね。

そのトーレスとシャビが交代。入っていくのがシャビ・アロンソとグイサなんだからスペインは層が厚い。

で、交代したセスクとグイサで2点目。オフサイドと思うほど見事に抜け出た。リプレイで見ると確かにオフサイドじゃない。セスクの浮きパスは巧かった。

ロシアは全然攻められない。アルシャービンは出ているの?と家族と言いあってしまうくらい存在感がない。「あ、いた」と画面を見たけど、ほとんど映らずスペインの攻撃になってしまう。

ロシアは戦意喪失のようにも見えた。雨の試合、サンドニの日本代表のようになす術がなかった。

2−0でほぼ決着が着いていたが、3点目で万事休す。

点を取るたび、スペイン皇太子夫妻がテレビに映った。1点目はあの美しい妃がガッツポーズ。2点目は抱き合っていた。

幸せそうだね、皇太子妃。「雅子様もこういう風に開けっぴろげに楽しめればいいのに」、なんてサッカーと関係ないことを考えた。私の古い友人が、もう十何年も人前に出てこない。人が大勢いるところは怖いのだそうだ。それを考えると雅子様も、苦しいだろうなぁと思ってしまう。心が休まるように、もっともっと自由にさせて差し上げればいいのに。

スペインと言えば、ナダルもサッカーが気にかかっているみたいね。ウィンブルドンの試合を早く終わらせて、サッカーを見たいと言っていたらしい。叔父さんが仏W杯サッカースペイン代表だったそうだ。

ナダルはやはり芝は苦手みたい。クレーほど圧倒的ではなかった。それにテニスウェアもちょっとダサい。

普段は、精悍な面貌、浅黒い肌に緑のウェアやバンダナがよく似合う。だけどウィンブルドン規定の白だと、ランニングにステテコ+鉢巻に見えてしまう。駱駝の腹巻をしたら「バカボンのパパ」だよ、と言ったら「えー」と娘に叱られた。

最近、息子がサッカー全日本級という方と話をした。「全日本」と言うあたりに年齢が感じられる。

セレクションの時、技術が上の選手は沢山いたが、どういうわけか選ばれた。その理由は「足の速さと体幹の強さ」だったそうだ。

中高校生くらいまでは日本は世界トップレベルだそうだ。その後が難しいらしい。それはコーチの問題だと言う。日本もコーチが世界トップレベルになる必要があるとのこと。

それとブラジルが今は有望選手が少なくなっているそうだ。街角サッカーから這い上がってくる選手が以前ほど多くないとか&ハングリー精神に欠けるとか。

「ユーロを見ていると、いろんな国にブラジル出身者がいて、相変わらずブラジルはサッカー大国と思うけど」と言うと、「最後の世代じゃないですかね」。

ふ〜ん。「アフリカ時代ですか?」

「いや、アジアですよ」
「中東?」
「いや日本!(笑)」

息子さんに期待します。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ