2009/5/29

遅くなったけどCL決勝  サッカー(その他)

今回は、ちゃんと起きて最後まで見た。

ボッチェリさんの歌で選手たちが入場してくる。さすがにオペラの本場だから、決勝戦にもぴったりで盛り上がる。CLアンセムも素晴らしかったね。

もう少し観客席を写して欲しかった。マンUとバルサ色に染まって美しかったようなのに良く見えなかった。

いくつもの試合評の通り、開始直後はマンUの攻勢。シュートやFK。バルサは早々イエローカードももらい、マンUの得点は間近と思われた。

だけど、バルサのあっという間の得点。イニエスタがあれよあれよと持ち上がっていって誰にも止められない。十分相手を引き付けておいて右にパス。エトーがいた。

一瞬止められたのかと思ったのだが、ネットが揺れたので、ゴールとわかった。びっくり。こんなに簡単に入ってしまって・・・。エトーは嬉しそうだった。

その後マンUは焦りなのか、バルサに振り回されてしまって、いいところなし。

バルサがボールを回していると、マンUですら取れないんだ、と感心して見ていた。

マリノスだって、パス、パス、パスということもある。

バルサはパスを回していて、隙間がないと思うと後ろに戻す。マリノスだって、前に運べないと後ろへ戻す。

けど、バルサは守備網を切り裂いてスパッと真ん中にパスが通る。三角形や四角形の周囲を回っていたのがいきなり垂線・対角線が通るような感じ。

そして、そんなに走っていないのに、開いたスペーススペースに選手がいる。そして相手のプレッシャーがあってもボールをきちんと保持できる。あるいはちゃんと前を向く。

いつも言われるけど、基本技術が高いんだなぁと痛感。

後半に入っても、バルサペースは変わらず。

イニエスタやシャビが自由にボールを運ぶ。この二人は確か、マリノスとの親善試合にも来ていたし、06年のCWCにもいたはず。でも全然違う。とても生き生きしていた。マんUは二人を捕まえられない。

バルサの攻撃、パスをつないで最後に飛び込んだのがプジョル、というのが2回くらいあった。何故にあそこにプジョル?

プジョルはC・ロナウドと丁々発止やっていて、ロナウドがイライラして巧妙な肘打ちをお見舞いしていた。ああいうところロナウドは陰険だね。結局プジョルが制圧して攻めあがったわけだ。

そのプジョルに対して守備に入ったのはルーニーだった。その前もメッシのドリブルを止めてボールを奪ったのはルーニーだった。こんなに守備をしていたら攻撃参加できないじゃん。

メッシのヘディングは珍しかった。メッシの位置取りも巧みだけど、シャビのピンポイントクロスも見事だ。テレビに向かって拍手してしまった。

試合終了前から「♪カンピオーネ」の歌が響き渡っていた。バルサ圧勝。昨年CWCであんなに強くてどこにも弱点がないようだったマンチェスターUがこんなに手も足もでないなんて信じ難い。なにか歯車が狂ったんだろうなぁ。

表彰式にはウィリアム王子も来ていた。スペイン首相やカタロニア州知事、ベルルスコーニ首相も来ていた。(ベルルスコーニのスキャンダルはありえないね)。

選手達はサポーターの方まで行くけれど、すぐ前まではいけず、ピッチ内にとどまっていた。もっとそばに行けたらよかったのにね。CWCのように。

というわけで、最初から最後まで楽しんだCL決勝だった。おかげで生活リズムがおかしくなってしまった。

その上、このバロセロナを12月に目の前で見ることはできないのだ。残念無念。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ