2009/10/9

ノーベル平和賞  政治

オバマ大統領が今年のノーベル平和賞に決まった。

テレビの街頭インタビューで「まだ何もやってないじゃない」と言った人がいたけど、私もそう思う。

オバマ大統領を応援するための平和賞授与なら、ちょっとわかる気もする。現職のアメリカ大統領が「核廃絶」と「環境重視」「国際協調」を宣言したことは、大きな意味があるのは間違いがない。

オバマ大統領がアメリカ国内で「核廃絶」宣言した時は後ろにキッシンジャーとかブレジンスキーとか、シュルツとかアメリカ政界の長老達が並んでいた。長老達も核拡散の危険、核兵器競争、核戦争の危険を警告していた。それらを踏まえてのことだ。周到だったと思う。

でも、「核廃絶」で言うなら、平和賞は日本のヒロシマ・ナガサキの、核廃絶運動をしてきた人々に与えられるべきだと思う。地道な、息の長い運動だったからだ。

佐藤栄作のノーベル賞は嘘っぱちだけど、彼の功績と言われるものは日本の平和勢力、平和を願い続けた人々が築いてきたものだ。自民党右派はこれらの人々をずっと敵視してきたんだけどね。

時代が良い方に変わってきていると感じる。

だけどブッシュや森・小泉・安部・麻生がひどすぎたんだけどね。「はだしのゲン」のポスターすらはがしたんだからね。日教組の陰謀とか言っちゃって。
1



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ