2010/2/25

五輪大詰め  スポーツ一般

男子フィギュアスケートの採点に疑問を持って以来、女子フィギュアもあんまり楽しみじゃなくなってしまった。

きっとヨナが高得点で、ロシェットも高得点で、アリバイ的に日本選手を誰か入れる、って筋書きが出来ているんだろうと思っていた。

皆さんの意見をまとめると、ヨナが一番でもよいが、約5点差は開きすぎだろう、ということ。ちょっとやそっとでは逆転できないと思う。

ストイコの言う「主催者が結果をコントロールするための採点方法」説に納得してしまう。

興ざめ。

ショートトラック女子リレーも韓国を失格にした。韓国が失格になれば、カナダ、アメリカにメダルが行く。なんか変な感じ。韓国が怒るのもわかる。ましてオーノの時と同じ審判だというから。

開催国有利も行き過ぎると白ける。

バンクーバーは、あんまり面白くないなぁ。NHKのテーマソングからして、気持ち悪いし。

同じシーンをこれでもか、これでもか、と流し続けるのもよくない。「もういいよ」の心境になる。

金メダリスト清水宏保さんが、日本のスポーツ界のことを批判していた。各競技の役員が五輪に沢山行っていて、肝心のコーチやトレーナーが行けないんだそうだ。

国母君の問題の時、スノボーの元コーチが同じような問題を指摘していた。そして「競技団体の幹部はお金を集めて選手が伸び伸び練習できる環境を整えさえすればよい、余分な口出しをするな」とも書いていた。

昔から言われているが、改善されない。スポーツ自体や、選手の頑張りには感動があるのだが、こういう話を聞いたり、審判のいい加減さや商業主義蔓延を見ると、白けてくる。

でも、明日は、真央ちゃんや美姫ちゃん、鈴木明子さんガンバレ!

ところで、バーレーン戦の日本代表が発表になった。小笠原がはずれた、ということは本番で召集することはない、ってことなんだね。う〜ん。

憲剛は重傷。ACLは怖いね。この時期にラフプレーでケガをしたら、泣いても泣ききれない。憲剛が早く復帰できますように。

昨日、港北区役所で「社長さん、いつスペインに行くんですか?」と聞いたら「いずれかの時点で」と言葉を濁したけど、笑顔だった。だから、スペイン行きは近いのかな、と思っていた。そしたら今日スペインに飛び立ったんですね。良い知らせを期待しています。

さて、今日の最後の話題はテニス。錦織君が復活したり、フェデラーが肺の感染症(心配)とかいろいろありますが、ちょっと前に見て、「ナダル、なにしてんの?」と思ったミュージックビデオ。



シャキーラのミュジーックビデオに出ている。カッコいいけどね。
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ