2011/6/30

6月も終わり  原発関係

住宅街を通った時に甘い香りがした。クチナシの花が咲いていた。

近くの家の軒先にあったツバメの巣からヒナ達が巣立った。1週間前くらい前、巣のそばの電線に7羽くらい止まっていたが、段々数が少なくなり、今日は1羽しか見なかった。

もう夏至も過ぎて、6月も終わりだ。

最近のワイドショーの話題はレディ・ガガだった。日本を応援するために来日してくれた。ジェニファー・ハドソン(映画「ドリームガール」でアカデミー賞助演女優賞)も仙台を訪れて被災者を励ましていた。彼女は家族を殺害されている。肉親を失った悲しみを誰よりも理解できる。

日本を応援してくれる気持ちは本当にありがたい。

先日、横浜スタジアムのそばを通りかかった時、東北復興支援のバザーをしていた。

ボランティアに行くこともできないし、行っても足手まといにしかならない。せめて物資購入で支援の気持ちを表したい。

岩手の漬物を買った。ナスをりんご酢とりんごジュースで漬けたものや、ごぼうの漬物など3種類千円。これがとても美味しい。機会があったら、また購入したい。その他小物を購入。

お釣りが100円ちょっとあったので、「ひまわり」を買った。ヒマワリは復興のシンボルでもあるという。友人達も次々買ったので、おばさんグループが手に手にヒマワリを持って歩いていたわけだ。

どういうわけか、おじさんが「それどこで手に入れたの?」と聞いてきた。おじさんもヒマワリに関心があるのかな?

友人の一人は岩手の味噌を購入。彼女曰く「味噌は放射能を取り除く」。・・・広島・長崎の経験からも味噌汁が効くことが証明されているというのだが。

本当かなぁ?別のところから、チェルノブイリの時も日本から欧州への味噌の輸出が急増したという話も聞いた。

NHK「あさイチ」では、「りんごがいい」と言っていた。ペクチンに放射性物質排出効果があるそうだ。

同じくNHK夜9時の「ニュースウォッチ」では放射能から身を守る調理法を特集していた。葉物はとにかくよく洗う。そして茹でる。茹で汁は捨てる。

魚は煮魚。焼くと表面を固めてしまうからよくないそうだ。とにかく茹でる、煮る。セシウムは水に溶けやすいので、水分で調理するのがいいようだ。

けど、こういう特集をさも自然に何でもないようなことのように放送するってどうなの?美味しい香辛料の使い方、と同じ話法で放射能を取り除く調理法を説明する。

こんなこと、すごく異常なことだよ!

こういうのが日常になっていくのかなぁ。日本人はもう放射能とともに生きていくしかないのか。

ところで、知人から、東京電力の人たちが消費生活センターや消費者団体に原発問題について説明に回っているという話を聞いた。説明と言っても東電が記者発表しているのと同じ内容。

以前はなかったことだそうだ。

ご近所には時々東京電力の「節電のお願い」の宣伝カーが来る。

こんなことより、被災地に行って必要とされるボランティア活動や、放射能除染活動をすればいいのにと思う。

もちろん社員は業務命令でやっているわけだから、彼らの責任ではないけど、会社の姿勢というか、体質がよくわかる。

原発施設の安全設備を整えたり避難方法を周知徹底するより、「安全神話」広報宣伝に力を入れていた今までと全然変わっていない。ごまかし。姑息。

今日の東京新聞は「被曝問題応えぬ労組」と東京電力労組や電力労連を厳しく批判していた。

「市民団体 作業員の支援を要請」に対し「東電労組 対応すら拒否」、電力労連「回答非公開」

国会のゴタゴタといい、まったく!

佐藤栄佐久前福島県知事「この国の中枢は腐っている」という言葉を思い出してしまった。
2



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ