2011/7/18

サッカー盛り沢山の日(後)  サッカー(その他)

マリノスは1−1の引き分けだった。得失点差で、2006年以来の首位に立った(暫定)。

大宮はやっぱり苦手で、勝利できなかった。試合内容も山形戦と同じように、押されっぱなし。

だから、監督、選手、サポーターも反省の言葉が多く聞かれた。

03年も04年も、圧倒的に強いというわけではなかった。しぶとく勝ち点を拾っていった。ヴェルディや鹿島、磐田のような強さではなかったが、底堅いチームだった。
(常勝チームを作りたいといった岡田監督も実現できなかった)

今年も、しぶとく勝ち点を拾って、最後に一番上王冠にいれば良いと思う。もちろん、今のような試合をやっていてはダメだけど。

しっかり休んで、また神戸、大宮と続く試合を勝って行こう!

俊輔や中澤や波戸が優勝に歓喜する姿を見たい。

さて、朝起きて、なでしこ。ちょっと寝坊して4時過ぎに起きた。0−0で、アメリカの方に勢いがあるように見えた。

永里さんが今回やや不調と聞いていた。囲まれてボールを奪われてロングパス。あ〜と思ったら勢いのあるシュートを決められた。

それまで、ホームドレス(気楽ウェア)だったのだが、06年北京五輪の時に購入した「なでしこTシャツ」に着替えて、根性いれて応援することにした。

宮間が同点ゴール。あの敏捷性、すばっしこさはなでしこの最大の武器。

とうとう延長。延長前、アメリカに疲れが見えたから、なでしこ有利と思った。

がっ、ワンバクさんに絶妙なヘディングを決められた。日本DFがいたのに、す、すっと位置をずらし、そこへ入ったクロスにピタリと合わせた。やっぱり並みの選手じゃない。

でも、日本選手達は挫けなかった。私と言うと、いつものへたれで、ハラハラ。もう1台のテレビでコパを見始めた。なんとブラジルも苦戦。

と、澤さんのゴール!バンザイ、娘とハイタッチ。難しいシュートだよね。澤さんかっこよすぎるキラキラ
(宮間さんからのCK。「『みやま』で言うな、わかっている(by早野氏)」)

終了間際の岩清水のレッドカードに肝を冷やしたが、PK戦へ。PK戦はいつもドキドキ。が、なでしこは落ち着いていた。

勝利の瞬間。ピョンピョン跳ねてしまった。体操教室以外で跳ねるなんて15年ぶりくらい?
そして、泣いてしまった。涙が頬を伝わった。

ジーンとして涙がにじむことはあったけど、ポロポロ泣くなんてサッカー観戦史上初めてだよ。彼女らのサッカーを続ける上での苦労とか、努力とか、思うと泣けてくる。そして掴み取った栄冠

おめでとう!おめでとう!!

金色のキラキラに包まれて優勝カップを掲げる「なでしこ」たちは、光り輝いていた生きているうちにこんなシーンを見ることができたなんて、嬉しい。

山登りに出かけた夫から「どうなった?」とメールが来た。「優勝!泣けた」と返信。山登りをしていても気になったのね。(携帯は電話とメールのみの夫です)

と、コパを見るとこちらもPK戦で、ブラジルがPK全部失敗。パラグアイが準決勝進出を決めた。あの、駒野を慰めてくれたバルデスも映った。

「歌を忘れたカナリヤ」(by早野氏)。今回のブラジルは小粒感がぬぐえなかった。どうしてだろうね。

アルゼンチンに続いてブラジルも敗退。チリも敗退。コパ優勝はウルグアイを希望。

そして、ワイドショーをはしご。そのたびに涙が出た。

ドイツまでなでしこの応援に行ったNzさんや、いつもなでしこを応援しているYさんと祝勝会をやろうという話になっている。Nzさんにグループリーグ観戦の話を聞くのが楽しみだ。

サッカー盛り沢山の2日間。連休にはどこにも出かけなかったが、充実していた。ゴーヤも収穫したし

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ