2011/9/30

9月も終わり  生活

今日で9月も終わり。暑いのも今日で終わりかな。名残のツクツク法師が鳴いていた。

台風以来、ゴーヤが一気に衰えた。元気がない。欅も夏も鮮やかな緑から抹茶色、くすんだ緑になり、今日は枯葉色が目立つ。黄葉せず、枯葉になっている。今年の9月の暑さと台風で今年の紅葉はパッとしないかもしれない。

9月のニュースでびっくりしたのは「東北で復興バブル」の記事。東北で、高級時計、高級車、高額旅行が売れていると言う。

家を流され、仮設住宅で暮らし、その仮設住宅が台風で水没してしまった方々、まだ水道や電気に不自由している方、いつ自宅に帰れるかわからないまま避難生活をしている方々、仕事がなく失業保険で暮らしている方など、苦労している人々が沢山いるというのに、どういうことだろう。

復興資金が流れ込んで、バブルが起きているという。確かに土木建設、住宅・家電・車販売などは需要があるだろう。

そういえば、知人の知人は、地震保険金が支払われて、そのお金で海外旅行をした、という話も聞いた。

保険会社も支払額が莫大で、経営が厳しくなったのか?と思っていたら、新規の契約者が増大して、これも震災バブルと言えるくらいだそうだ。

そうか、そういう風に世の中動くのか。経済のことは、わからないなぁと思う。

さて、一方、放射能汚染マップ群馬、茨城、千葉、埼玉が公表された。群馬の山々の汚染に驚いた。

いち早く放射能マップを作成した群馬大の早川由紀夫教授(火山学)は、その地図を見て「群馬北部の山は深刻に汚染されています。これから山に入るには線量計が必須になってしまいました。(中略)キノコとは永遠にお別れです」とtweetしていた。キノコと永遠にお別れなんて、辛すぎる。

群馬の平野部もそうだが、埼玉も平野地域は1万ベクレル以下/1平方mで、線量が低い。秩父は山に囲まれて安全と思っていたが、関東平野より一つ上のランク。1万〜3万ベクレル/1平方mだ。

特に東京都・埼玉県境の山地(ごく狭い範囲=三峰山あたり?)は13万ベクレルと驚く値が出た。奥多摩も高いかも。東京・神奈川マップを見るのが怖い。

朝6時頃、NHKラジオを聴いている。視聴者の投書を読むコーナーがある。福島原発避難区域の方からの投書。

「事故以来初めて自宅へ帰った。家は荒れていて庭は雑草だらけ。その中でブルーベリーがたわわに実っていた。以前はブルーベリーが実ると小鳥が食べるので、追い払うのが大変だった。それなのに、小鳥が食べた形跡がない。そういえば小鳥を見なかった。カラスしかいなかった。」この投書の内容、事実だろうか。

今日は児玉龍彦「内部被曝の真実」幻冬舎新書を読んだ。

衆議院厚生労働委員会でのスピーチで話題になった東大教授だ。このスピーチはその日のうちに、衆議院のビデオアーカイブで見た。


この新書は発刊と同時にたちまち10万部の売れ行きだそうだ。本が出たと知って近所の書店に行った時は1冊もなく、昨日1冊残っていたのを見つけて購入した。

今ではテレビでも頻繁に取り上げられているので、児玉教授の主張は多くの方が知っていると思う。

この本では、猿橋勝子博士にたびたび言及している点に感銘を受けた。女性科学者に贈られる「猿橋賞」で有名な猿橋博士は、「核実験による低レベル放射能を検出し、アメリカでの公開実験で核実験停止の流れを作り出した」方だ。猿橋博士はアメリカの核実験により被曝した第五福竜丸の保存にも尽力した。

児玉教授は、「(福島原発事故後、核実験で)高かった大気中の放射線もその後自然に減っていったのだから、今回も大騒ぎする必要はないと書いている週刊誌があったが、誤解もはなはだしい」と書いている。

それは、私も実感としてわかる。あの時、雨が降ると母たちは「家へ入れ」と厳命した。子どもだった私たちは「ハゲになる〜」なんて大騒ぎしていたが、母達は心配したのだと思う。危機感は強かった。

当時杉並区の主婦が始めた署名運動は日本だけで3000万人集まったという。たぶん日本の人口は9千万人位だったと思うから、1/3の人が署名したことになる。

地上核実験は自然に停止したのではない。猿橋博士の実験があり、日本も含め世界中の人々の核実験停止を求める運動があったのだ。



9月19日の脱原発大集会について、朝日新聞OBの方が、「千駄ヶ谷駅のホームから改札まで人の波で身動きがならなかった。改札を出れば明治公園まで人で埋まり、公園に入りきらない人であふれかえっていた」「今までの集会にない熱気に包まれていた」と書いているそうだ。

テレビや新聞の報道は東京新聞を除いて淡白だった。朝日新聞は何日か後から、集会の特集をしたそうだが、この朝日新聞OBは何故すぐに報道しない、と叱責している。

今思い返すと、3月頃に出ていた原発関係学者は、素人の私から見てもトンデモ発言をしていたと思う。

非常手段として取られた「海水注入」について、(諸葛教授だったと思う)「これで安定したのですから、日本の技術はすばらしい、海外に原発を売れますよ」と言った。原子力資料情報室でレクをしていた後藤政志さん、田中三彦さんは緊張した面持ちで「海水注入は最後の手段」といい、原子炉の冷却が成功するよう祈るしかない、と言っていた。

また別の学者「地球が出来た頃は、宇宙から放射線が降り注いでいたんですから、その中から人類は誕生したのだから大丈夫ですよ」。ほんと耳を疑った。

また、原子力技術協会委員会の元委員長だったか?「今、原発をあきらめたら、途上国に売り込んでいる韓国、中国、ロシアに遅れを取ることになる」と言っていた。何を考えているのかねぇ。そんな競争のため?

この原発売込みに対して、後藤政志さんが厳しく批判している。
http://togetter.com/li/191688
「日本とアジアを憂う−野田首相の原発・国連演説について」tweetまとめ

福島の事故を起こし、未だ収束できないのに、なぜ売込みができるのか。使用済み燃料も引き取るという条件だという話もある。日本にある使用済み燃料すら処分場がないのに、何を言っているのか。

もし、事故が起きたときに、引き受ける力が日本にあるのか。保険をかけるというが、保険では全く足りないのは現在の事故を見るだけでも明らかではないか。

そういえば、後藤さんは東電が黒塗りの手順書を出してきたことにも怒っていた。

人間のすることだから、事故は起こる、大切なことは2度と事故を起こさないためにきちんと検証することではないか。それなのに、このような姑息な手段を取る、こんな奴らに原発の運転なんか任せられない、と。

電力制限令解除の日、東電の会見は営業部長だったか、広報部長が社長のメッセージを読んだだけだった。社長は出てこなかった。関電は社長がお詫びとお礼を言った。これだけ、企業や家庭に負担を強いていながら、東電の社長はどういうつもりだろう。信じられない。

書き始めたら、止まらなくなった。10月になってしまった。
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ