2011/10/22

シャイ?な横浜・浦和戦  サッカー(マリノス)

浦和に勝ち点プレゼント。優しいマリノス。観客動員に響くからJ1残留に協力。

てな訳ないでしょ。(審判はともかく)

浦和サポは以前と比べれば数は減った。でも音量は相変わらず大きい。負けられない試合が続けば、数が少なくてもレッズ愛の強いサポが一層声を張り上げるだろう。

バックスタンドにもレッズサポがいて、ゴール裏の声に合わせて手拍子を続けていた。レッズの攻撃が停滞すれば、屋根下の奥の方からも叱咤の声が飛んでいた。

しかるに、マリノスサポーター・ファンはシャイなのか、声も大きくないし、手拍子も少ない。選手を叱咤激励する声もない。

2点取られてから、手拍子をしていたのは私だけだった。周りの人は腕組みをして戦況を眺めるだけ。シャイだから?

と、ホーム側(右側)から力強い手拍子が聞こえてきたので、合わせて手拍子した。が、よく見るとマリサポの友人と一緒に観戦しているレッズサポだった。一方、マリサポは何もしていない。

シャイなんかなぁ。

降格ゾーンにいる浦和は真剣にならざるを得ないのはわかる。でもマリノスだってACL、社長の首がかかっている。

ふとピッチを見ると、波戸さんが、両手を叩いて仲間を鼓舞している。プレーも普段と変わらず、それ以上にひたむきだった。

本来中軸の勇蔵、兵藤がするべき役割。彼らは自信なさげで、判断が遅く視野も狭い。

勇蔵がイエローをもらったプレーは醜態だった。抱きついて引き倒すなよ、代表だろ。原口に抜かれたり、2点目につながるリスタートに対応できなかったり。

挙句に青山が入って、勇蔵のポジションは仙台戦のあのポジションですか?それともパワープレー要員?PAの中が込み合って、小野や大黒の機動性が生かせず、皆でゴール前のふた。

良かったのは、前半の前半。プレッシャーに行ってボールを奪い、協同して攻撃を仕掛けた。浦和は跳ね返すだけで、セカンドボールもほとんどマリノスのもの。浦和は降格圏にいるのもやむなしのバラバラサッカーだった。
クリックすると元のサイズで表示します
両手を挙げる大黒。ここまでは良かったのだが。

だけど、俊輔が倒れて足を引きずったあたりから、マリノスは消極的になった。雲が切れて強い日差しも射してきた。暑かった。俊輔はペース配分を考えたのかもしれない。

DFラインが低いのではないか、中盤が薄いのではないか、守備が心配になった。

ボールを奪いに行って交わされて、ピンチ!という場面もあった。もっと粘り強く相手と対峙すべきじゃないか。

この話、どこかで読んだ。そうだ、「世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス」と言う本に、むやみにボールを奪いに行って交わされると相手は一層加速して決定的ピンチを招く、とある。我慢して相手と間合いを取り時間稼ぎをする、その間に他の選手がパスコースを消す。

気づくとサイドの深い所やボランチの所で俊輔が守備をしていたりする。パンぞうさんはどこ?小椋はどこ?

PKで点を取ってから、浦和の選手は重圧から解放されたみたい。

でも勝てない相手ではなかった。もっと選手、自信を持とう、もっと闘おう、スタンドも闘おう。

昔、04年だったか、2ndステージはマリノス、優勝できなかった。どのチームとやった時か忘れたけど、決定的な点を取られた時、バックスタンドにいたおじさんが一人立ち上がって、選手を力づけるように歌を歌い出した。つられて周りも手拍子をした。

今回は、そういうこともなかった。シャイというより、中位のメンタリティが身についてしまったのかなぁ。「ま、こんなもんでしょ」的雰囲気。

ロスタイムになると帰り始める人たちもいた。年チケ保持者なのに。

「ま、5位か、6位でしょうね」と評論家風に言って立ち去る人もいた。くやしくないんかっムカッ

クリックすると元のサイズで表示します
肩を落として挨拶に向かう選手達。珍しく中澤が後ろの方。

今、「世界が指摘する岡田ジャパンの決定的戦術ミス」をパラパラと見た。

「タックルに行って交わされると、相手を加速させ、なおかつ広大なスペースを相手に与える危険性がある」という指摘の他に、「日本のDFはロングボールに対して下がりすぎる傾向がある」という指摘もあった。日本のDFとは中澤−闘莉王。下がり過ぎと言われていた。

「エースである中村が最後尾まで戻って守備をしている」とか、「DFの性急な守備で相手の攻撃が加速した時、危険な相手にマークに行ったのは中村だった」(要約)とか書いてある。

「ディアゴナーレとスカラトゥーラ」という守備の基本についても説明している。木村監督にこの本を進呈したくなった。個の力に頼るんじゃなくて、基本に立ち返る意味で。

ハマトラSNSで蒼井真理さんが「練習の後、DFの選手が話し合ったりしているが、そうではなくて、紅白戦の最中にまずいところがあったら、そこで止めて、そこで話し合うなり、コーチが修正する方がいい」という風なことを書いていた。

沢山あったセットプレーも生かせなかった。点を取る方法ももう一度考えてほしい。

あと4試合?守備の基本に立ち返って練習して、攻撃では最高のキッカーがいるマリノスの最強の武器を生かす練習をしてほしい。

まだあきらめるのは早い。スタッフ・選手は気持ちの問題にするんじゃなくて、技術的な、戦術的なところをもっと詰めてほしいと思う。そうでないと、積み上がらない、次へつながらない。
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ