2011/10/25

どうなんでしょうね  サッカー(マリノス)

浦和戦の後、私のtwitterのTLには浦和関係があふれていた。フォローしているサッカー関係だけでなく、選手やサポの言葉がリツィートされてくるのだ。リツィートは不要なのに。

エルゴラも第一面を大きく飾っていた。そんなに嬉しい?

正直、浦和のことは他人事なので、どうでもよくて、選手や監督、サポが大喜びしたり、感激したりしているのが変な感じ。それほどのことかい。

私はマリノスのことしか眼中にない。

翌日、早速、木村監督続投が報道された。今回は「え↓」という不満の声があるにしても、サポーターから「解任!」という強い反発はないようだ。

浦和戦終了後の微妙な雰囲気がそのまま続いている。

木村監督の采配には疑問符がつくものの、一時は首位にも立ったし、今のところ4位だし。

ただ、結局は俊輔頼み、中澤頼みで、この間積みあがったものが見えないことに不安がある。終盤の失速は不安を大きくさせる。

みんなが期待している狩野、アーリアは結局は飛躍できずにいる。勇蔵は代表に選ばれてはいるが、サブのまま。代表に行ってから、むしろプレーは精彩を欠いている。

どうなんですかね?残留がかかった甲府、好調名古屋、しぶとい鹿島相手に勝利をあげられるだろうか。来年を占う大事な4試合だ(川崎を何げに無視している)。

マリノスはどういうサッカーをしたいのか、そのために何が足りないのか、何をすればよいのか。

どうなんでしょうね。選手補強は絶対必要。ま、そのためには資金強化が必要。

そして、社長。もちろん、私は3位以内を切望していて応援もするけど、この4位という順位は微妙。このままじゃ公約どおり辞任になってしまう。

だから、安易な約束はするなって、あの最終戦の時、思ったんだよ。「選手は切る、結果がでなかったら辞める」じゃ責任取ることにはならないと思った。社長が短期で代わっていくのではチームの安定・強化はできない。

だけど、松田選手のこともあるし、もし、マリノスがこのまま浮上しなかったら辞任は避けられない。はぁ(ため息)

どうするんだろう、どうなるんだろう、どうなんでしょうね?という微妙な気持ちが今の状態。

いや、いや、いや、なんとしても3位以内へ!!そうすれば、微妙な気持ちはすっ飛ぶ。次へ大きな希望が生まれる。

話は変わるが、負けた浦和戦。悔しいけれど、一方で久しぶりの俊輔が嬉しかった。どんな有望な若手よりもレベルは上。次元の違う巧さ。俊輔のプレーが見られるだけで、どれだけ幸せな気持ちか。

そんな俊輔に優勝をプレゼントしてあげたいね。(変な言い方だけど)
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ