2012/2/21

聞きかじった言葉  テレビ番組

先日、BSの番組で「ジョン・レノン」の足跡を辿る番組を放送していた。レポーターは女優の木村佳乃さん。

ジョンの「イマジン」は、それが作られた時代よりも、更に遠く隔たってしまったように思う。ジョンの言葉はより届きにくくなっていると思う。

Imagine there’s no countries
It isn’t hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too

印象に残った言葉。

小野洋子さん「ジョンが生きていたら、activistだったと思う」artistでなくactivist(活動家)と言ったこと。

うろ覚えだけど、アルバム「ジョンの魂」のプロデュサー「The Beatlesの歌の説得力はジョンの声にある」

私がビートルズを最初にいいなぁと思ったのは「Rock and Roll Music」。ジョンの声に魅かれた。説得力がある、という言葉に納得。

今日、NHKラジオのニュースで尾崎豊の創作ノートが公開されると言っていた。その中の尾崎の言葉「自由というのは自分の考えを持つということ」

自由で思い出した。

以前twitterでムーミンbotをフォローしていた時に一番印象に残った
「誰かを崇拝しすぎると、ほんとうの自由は、得られないんだよ。By スナフキン」

昨年12月18日東京新聞に掲載された「新聞を読んで」の中の一節
小町谷育子「外国に比べて、日本では人権が保障されているといわれる。大多数の人と同じ行動を取っている限りにおいて保障されているにすぎない。」
「異なる意見を尊重しない社会、意見に対する批判を恐れて自主的に規制する社会ほど怖いものはない」

「自由」とは。

早稲田大学法学部の入試問題に対する都教委の見苦しい対応。
↓ ↓ ↓
東京の教育 日本の教育
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ