2012/8/3

7.29国会裏  原発関係

7.29脱原発国会大包囲に参加してきた。

暑い日だったので、集会やデモには参加せず、国会包囲のみにした。

キャンドルチェーンが予定されていたが、大人数のため火気は危険とのことで、国会正門前のみキャンドルが配られることになった。

当日の予定や地図を眺めると、日比谷公園〜国会正門は人であふれることが予想された。

また、国会議事堂駅などは7/6(金)以降入口閉鎖が行われていたので、駅が利用できない可能性もあった。

それで、国会裏・議員会館前に行くことにした。利用する駅は永田町と決めた。

小さいウチワにA4用紙を半分に折って糊付けし、ウチワの形に添って切りそろえた。そして「怒」の字を書いた。私は怒ってるよ〜!

それとLEDペンライトを持った。キャンドルの代わりだ。それに凍らせたペットボトルとのど飴、塩飴。

永田町駅を降りて、15m位のところに場所を決めた。

お巡りさんが交通整理。でも「立ち止まるな、座るな」と言っていた。立ち止まらないで歩いて行っても先の官邸前は封鎖で行くことができない。立ち止まるしかない。

私は立っていたけど、お年寄りで座っている人もいた。お巡りさんに「年寄なんだから座っていてもいいでしょ。通行の妨げになっているわけでもないし」と言うと、その後は「座るな」とは言わなくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

メガホンを持った若者が「チェーンがつながりました」と参加者に報告しながら、通り過ぎて行った。上空をヘリコプターが5〜6機飛んでいた。

19時ジャストに「再稼働反対」のコールが始まった。そばにいた人たちと一緒に「再稼働反対」を叫び続けた。

途中twitterを見ていた人が、「国会正面は車道が解放された」と言った。大勢の人が狭い歩道に閉じ込められて危険だったらしい。

国会裏の抗議は歩道2列ぐらい。ひっきりなしに人が通るけれど、ま、お行儀のよい抗議活動だった。

20時近くになったら、隣の一人参加の女性は帰って行った。特に解散というアナウンスもなかったが、私も20時10分過ぎたところで帰ることにした。近くの人たちに「ではお先に」と挨拶して駅へ向かった。

駅も多くの人たちがいたが、淡々と家路についていた。抗議活動も日常生活の一部だ。

家に帰って、お風呂に入り、待ち遠しかった「シャーロック・バスカビルの犬」を見た。第一話ほどではなかったけど、まずまず面白かった。
1



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ