´Д` 最近アクセスが多いのが、ザ…" /> シャーロックが面白すぎて | 大豆の日々

2012/8/19

シャーロックが面白すぎて  テレビ番組

このブログは私の好きなことだけ、書いている。思いつくまま。

サッカー、マリノス関係で読んでくださる方もいる。「大豆戸のご意見番」なんて言われたり'_';´Д`

最近アクセスが多いのが、ザ・タイガースの「瞳みのる」さんの記事。私のブログ・アクセス解析で見ると検索ワードの一位だ。先日、その記事を久しぶりに見に行ったら、拍手が80もついていて、びっくりしてしまった。

脱原発関係も書いているし、本や展覧会、音楽会その他日常茶飯事も書いている。

ここしばらくは、はまっているBBC「シャーロック」の記事が多くなるかもしれない。サッカー記事を読みにいらしている人はスルーしてください。

「シャーロック」は見れば見るほど面白くて、はまる。中毒症状の方多いみたいですね。

シャーロック・ホームズについて詳しい人、海外ドラマに詳しい人、映画に詳しい人、イギリス文化に詳しい人、イギリス人俳優さんに詳しい人、いろいろな方が薀蓄を語ってくれているので、ネットで記事を読み始めるときりがない。

前も紹介したけど「水川青話」
BBC 『SHERLOCK シャーロック』6話分の感想文一覧

ずっと「ネタバレで騒ぐ」あるいは「クスクス」シリーズだったが、第6話(シリーズ2第3話)は「息をのむ」だった。

「シャーロック」の面白さをより知ることになったのは、このblogのおかげです。今も新しいニュースを続々上げてくれている。

それと、「そうそう、『シャーロック』の面白さはそこだよね!」を余すことなく書いてくれているのは
Kiki's random thoughts (kiki的徒然草 シャーロック記事一覧

Kikiさんが、ベネディクト・カンバーバッチは「シャーロック」以外では魅力を感じないと書いているのは同感。


「つぐない」を見て、プロデュサー&脚本家のモファット氏はシャーロックは彼以外にいないと決めたという。あの役の、どこを見て「シャーロック」に最適と思ったのか不思議。専門家は見るべきところを見ているのだと改めて尊敬。

だって、ロリコン変態野郎役だった。

「戦火の馬」だって時代遅れの無能な将校だったし、日本未公開のクイズ番組の話も、クイズサークルのオタク的ダサい大学院生だった。「裏切りのサーカス」もあんまり印象に残らない。テレビドラマ「ミスマープル」にも出てたが、これも無個性の役で誰がやってもいい。

「シャーロック」が最大限彼の魅力を引き出した。脚本と演出がいいと俳優は能力を発揮し輝くんだなと思う。

いや、「つぐない」や「戦火の馬」も「シャーロック」とは別人なので、それだけすごい俳優なんだとは思います。

今後、彼にはもっともっと大きな俳優になってほしいと思っている。

以下、参考ブログです。

「シャーロック」関係の情報は
 BBC SHERLOCK/シャーロック非公式ファンサイト」

英文のHPでは
SHERLOCKOLOGY THE ULTIMATE GUIDE FOR ANY SHERLOCK FAN

「 BBCシャーロック/SHERLOCkとゲティスにウットリしつつ、彼らの英語も愉しみたい

「 SHERLOCK(BBC)&ベネディクト・カンバーバッチ

「YOU TUBE」には、本当にびっくりするほど沢山の動画が上がっている。

ホントは、こんなので時間つぶししてたら、ダメですね。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ