2012/8/31

暑さは続く  季節

熱帯夜が何日も続いている。

昼間も暑い。真夏のカーっと照りつけるのと違って、8月下旬になると斜めから射しこむ陽射しがひりひりと皮膚を焼く。

炎天下は外に出ないようにしている。

そんな時、思うのは福島第一原発で働く人々のことだ。先日おひとり亡くなった。プライバシーの関係で詳しいことは発表されない。日隈さんや木野さんが記者会見場にいらっしゃったら、もっと食い下がったと思う。

NHKの作業員を追った番組も見た。月給40万円。

(知人の内閣府原子力安全委員は年収1,600万円と聞いた。事故を防げず、安全委員としての責任を果たしていないのに、まだその職にある)

twitterで作業員のハッピーさんやサニーさんをフォローして、つぶやきを読んでいる。現場の作業環境をよくしてほしい。現場の意見をもっと反映させるべきだと思う。そして無事を祈っている。

この暑さで、節電もかなり努力が必要だ。

掃除は、箒とちり取り&クックルワイパー。エアコンはダイニングに設置の新しい方が使用電力が少ないので、使うときはもっぱらそちらを使う。。扇風機は1台買い足した。

夜は窓や戸を開け放つ。木がそばにあるので、蝉がうるさい。網戸にもぶつかってくる。

ミンミンorシャーシャー鳴きながら、バンバンぶつかってくるのは本当にうるさい。近頃はさすがに夜は秋の虫の声の方が大きくなってきた。

網戸だけにしていると、どこの隙間からか蚊や蜘蛛が入り込んでくる。これは困る。

お盆の頃、夜の闇をつんざくような娘の悲鳴で起こされた。真夜中。「部屋の中で何か黒い鳥か蝉みたいなものが飛んでる!」「キャー追いかけてくる!」

あまりの悲鳴だったので、一瞬、部屋に不審者が侵入したのか、とドキドキしてしまった。

灯りをつけて、10分ほど探した。使ってない部屋の窓の下に、黒い物体が・・・。足のようなものが見える。

「こうもりだ!」と夫が言い、そっと外に逃がしてやった。

確かに蝙蝠が部屋の中を飛び回っていたら怖い。逃げようとしたら追ってきたなんて、ぞっとしてしまう。

けど、私は蝙蝠よりも娘の悲鳴の方に驚かされた。しばらく息が荒かったよ。

こうもりはどこから入ったのか?ずっとウチに住んでいたなんてことはないよね?クローゼットの中で服と一緒にぶら下がっていたなんて考えると気味が悪い。

玄関か?窓からか?

これも節電のもたらしたものかな。

早く、この暑さが去ってくることを願っている。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ