2012/10/23

編み物  生活

AXNミステリーチャンネルを契約して以来、夜はもっぱらミステリーを見ている。

だけど、ただテレビを見ているだけだと時間がもったいない。何か手を動かしていたい。

そうだ、編み物をしよう。毛糸は中途半端にある。

昨年、孫にセーターを編んでみて思った。ウール100%は幼児には向かないんじゃないか。重いし、洗濯も面倒だ。

今は軽くて暖かくて、手入れの簡単な幼児用冬服はたくさんある。プレゼントしても却って迷惑かもしれない。

セーターを編むほどの量はない。ベストなら大丈夫かな?家にある編み物の本には気に入ったデザインがない。毛糸の太さも違う。

編み物の本、と書いたが、これは20数年前の、婦人雑誌の付録だ。女性雑誌ではなく、「婦人雑誌」。「主婦の友」とか「主婦と生活」とか。

この付録、薄いけれど、編み物は70点くらい載っている。ベビーから高齢者のものまである。初級者から上級者まで、いろんなデザインがある。紙はよくないし、写真だってそれなりだ。

今、書店で見かける編み物の本は、写真もきれいで紙も厚くて立派。だけど掲載してある編み物の数は少ない。デザインも直線編みだったり、比較的簡単なものが多い。

この古い編み物雑誌、実用的で、余った毛糸でセーターを編む、というのも載っているのだ。

まとまった量の中細系があれば、残り物の少量の毛糸と2本編みで、短い方は次々替えて編む。独特の風合いになる。また、適当に毛糸を切ってつないで編んでいくと自然と縞模様になる、など。

この縞模様のセーターにしようと思った。8色くらい中途半端な毛糸があるので、適当につないでメリヤス編みで編み出した。

が、どうも色の組み合わせが悪い。すごくセンスがない。25cm以上編んでほどいてしまった。それと、それなりの長さのある毛糸を切ってしまうのがとてももったいない。

切らないで編んでいると、これなら数色使った編みこみセーターにした方がいいな、と思ったりした。だが模様を考えたり、つまり計算したりするのが面倒だ。

メリヤス編みをしていると退屈してくる。縄編みとか鹿の子とか、変化をつけたくなる。

いや、その前に、色合わせを考えないといけない。毛糸の量と色のバランスをどうするか。それを考えると、縄編みどころではない。

結局、そのままメリヤス編みだけにして、編み出した。だけど、どうも色の組み合わせがよくない。またほどいてしまった。

裾と襟首、手首のところだけは、一番量のある毛糸で編むと決めている。それ以外は行き当たりばったりだ。

一番単純なセーターの型紙に合わせて、目数、段数を計算しているわけだけど、行き当たりばったりで、それなりの形になるかなぁ。趣味の悪いセーターになるかもしれない。

娘曰く「どうせ家でしか着ないんでしょう」

まぁ、そうなんだけど。

暖かくて、廃物利用ができればいいか。それと「テレビで時間つぶし」の罪悪感軽減に役立つし。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ