2013/1/24

30数年という年月  生活

ダイニングテーブルと椅子を買い替えた。

30数年使ったテーブルと椅子にお別れした。椅子は何度か張り替えて使った。本当に一番身近な家具で、一番一緒に時間を過ごした家具だ。

娘一家が来ると、120cmのテーブルは狭かった。椅子のクッションは破けて中の綿が見えていた。買い換え時だった。165cmのテーブルはなかなか快適だ。ランチョンマットは買ってあったのに仕舞い込んでいた。それも使ってみた。ちょっとオシャレな感じ。それまでは「所帯染みてた」からなぁ。

30数年は、長い年月だ。商店街を歩いていたら、なじみの店に「閉店のご挨拶」が貼ってあった。

考えてみれば商店街も変わった。まず、魚屋、八百屋がなくなった。昔ながらのパン屋さん、喫茶店がなくなった。レコード・テープ屋がCD屋に変わったと思ったら、そのCD屋さんもなくなった。小さい本屋さんもなくなった。文房具屋さんもなくなった。カメラ店や写真屋さんがなくなった。

ドラッグストアは増えた。リサイクルショップも増えた。コーヒーチェーンや牛丼店、携帯電話ショップもできた。美容院やネイルサロン、整体・マッサージ店も増えた。

30数年経てば、いろんなものが変わる。

twitterでもつぶやいたが、東横線と西武線・東武線がつながる日が来るなんて思わなかった。東横線の車体に大きな「秩父」の文字だもの。

東横線の乗り入れはともかく、とにかく、あの始発・終点の渋谷駅がなくなるのが残念でならない。変わらないと思っていたものが変わって行くのは世の習いとはいえ…。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ