2013/9/6

親指の腱鞘炎  生活

指を何気なく触っていて、「あれ、親指の第一関節を押すと痛い」と思った。

でも、そのままにしていた。が、ある時、関節が腫れているのに気付いた。

確か母が、祖母がリューマチの気があった、と言っていた。私もそうなのかな?とちょっと心配になった。でも、違うような気もした。親指の関節の所だけ赤くなっている。

心配しながらも暑くて、なかなか整形外科には行けなかった。

で、ようやく行きました。診断は「腱鞘炎(けんしょうえん)}。使い過ぎで、親指の付け根の腱が炎症を起こし、関節が腫れたのだという。

親指の使い過ぎ?!?!

思い当たるのはスマホとタブレットだ。親指で、画面を動かしていた。

でもでも、腱鞘炎になるほどは、やっていないよぉ・・・。

う〜ん、若い人のように腱も筋肉も丈夫じゃないのか。いろいろ身体にガタが来ていて、作業量についていけないのか。

今日はテレビ「いいとも」で渡辺えりさんが親指の腱鞘炎でボタンがうまくはめられない、と言っていた。私だけではなかった。増えているのかな?

で、痛み止めの塗り薬をもらってきた。

そして、患部を温めなさいとのこと。私はトクホンを貼ったり、腰痛用の湿布薬を貼ったり、一生懸命冷やしていた。逆だった。

筋肉や腱、骨が痛い時は、温めるのか、冷やすのか、いつもわからない。

親指を温めるには、お椀のような容器に湯を入れて指を入れるのかなぁ。目玉おやじがお風呂に入っているような状態(笑)?

冷やすのは簡単でも温めるのは結構難しい。面倒だ。

しばらくスマホもタブレットも使用を控えて、親指を使わないようにするしかなさそうだ。(できるかな?)

1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ