2013/9/9

フットボールサミット(マリノス)  サッカー(マリノス)

「フットボールサミット」という雑誌を初めて買った。雑誌の存在すら知らなかったのに、購入したのは、マリノス特集だからだ。

びっしりマリノス。字が多くて目が疲れた。

俊輔や中澤関係は、いろいろな所で読んでいるので、走り読み。

勇蔵の話は面白かった。先輩や後輩への見方が勇蔵らしいと思った。そして、監督交代や選手の移籍、戦力外通告。勇蔵もいろいろと感じていたのだなぁ。言葉を選びながら話しているが、きちんと見るべきものは見ている。繊細。松田直樹選手への想いも一際強いのものがある。

(あ、敬称のない選手も、呼び捨ての中に敬意と親しみが込められています)

パンゾーさんの同僚選手評は「え〜そうなの?」みたいな選手の性格がわかって面白かったです。語り口も楽しい。

斎藤学のインタビュー。試合に出られずもがいた時期。そうやって、成長していくのだと、改めて、スポーツ選手の辛さと強さを知った。

じっくり読んだのは、ユ・サンチョルとアン・ジョンファン。

サンチョルが一番印象深い試合は「03年1st京都戦」と言っているのは、すごく納得。私もその試合がその後の3ステージ優勝、Jリーグ2連覇を決めたとすら思っている。

(サンチョルの代表的な試合として、マリサポが挙げる国立でのセレッソ戦は、私は観戦していない。)

サンチョルが、引退記念試合をマリノスタウンでしてもらったことをとても感謝している、との記述も嬉しかった。引退試合開催をマリサポも働きかけたんですよね。

アン・ジョンファンは「マリノスは一時腰掛け」と私は思っていたけど、そうではないということがわかった。愛着を持ってくれている。そういえば、ACLで中国のチームの汚いやり方(岡田監督は欧州なら出場停止やスタジアム使用が禁止されるレベル)に一番怒っていたのはアン・ジョンファンだったと記憶する。マリノスのためにプレーしてくれた。

ドゥトラでは、プロになる前に荒れていた時期があったこと、クリスチャンになったことが転機になったこと。今回のマリノスへの復帰は、むしろ奥さんの方が先に決断した、奥さんは日本が大好きだったから、等の話が印象に残った。

社長の話や監督、コーチの話はまだ読んでいない。社長の話は読まなくてもいいかな。

一人一人の選手にエピソードがあり、皆、悩んだり、苦しんだりしながら、今の地位にいる。そのことがよくわかった。プロ選手として、伝統あるチームで、試合に出続けることがどれほどの努力に支えられているか、選手たちを改めて、尊敬したいと思った。

大宮、柏と負けて、「王者への航路」なんて副題の雑誌を読むのはちょっと気が重かったが、選手たちの言葉に励まされた。

試合前にはおなかが痛くなり、逃げたくなるような小心者ではあるが、選手を信じて、ちゃんと試合を見て、応援しようと思った。ホームの試合は行ける限り、行って、心から応援しようと思う。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ