2013/10/26

今更だが広島戦  サッカー(マリノス)

試合の満足度が高いと観戦記を書くモチベーションが下がるのか、試合から一週間たってしまった

この試合の重要性は皆よくわかっていた。

サポーターは選手バスをコール(チャント)で迎えたという。ゴール裏のコレオは美しかった。(ありがとうございます)
クリックすると元のサイズで表示します

私は試合時は青い服で行く。年甲斐もないと思いユニは着ない。でも清水戦以来、応援の気持ちを表すため、恥ずかしさを捨てて、ユニ(安い方)を着ることにした。

クリックすると元のサイズで表示します
円陣。いつも顔を起こしたままの小林選手。200試合出場おめでとう。

試合開始。優平がすごい勢いで前線へ駆けていく。奈良輪も積極的に走り、シュートを放つ。学くんはそれに比べると動きが重い。

若手の動きが空回りかな、と思い始めた頃、広島の攻撃圧力を強める。ボールをポンポンと繋いであっという間に前線へ。そつがない。で、アっと思ったら、石原が抜け出した。

これは哲っちゃんのファインセーブで本当に助かった。twitterに思わず「広島の攻撃は怖いよ」とつぶやいてしまった。

観客席が腰を浮かせたのは3回。@俊輔のFK⇒中澤ヘディングシュート。バックスタンドから見ると決まったと思えた。A俊輔のシュート。枠内に行っていた。B俊輔⇒優平⇒オウンゴール?と見えたが決まらず。観客は一斉に立ち上がり、頭を抱えて座る。

前半は0−0。

広島サポは少なく見えたが、2500名来場してくれたらしい。4万人弱の観客数。スタンドは良い雰囲気だったと思う。そうそう、久しぶりの観戦だったらしき人が「民衆の歌」で打ち振られるフラッグに「いつの間に旗がブームになってたの?」なんて驚いていた。

後半。学の動きがいい。ハーフタイムに「喝!」を入れられたかな、なんて話していた。と、奈良輪からよいパス。学からクロス、それが跳ね返って俊輔へ。俊輔→奈良輪→再び学、学がドリブルで切れ込む。

足を鋭く振りぬくと横っ飛びの西川の手をかすめてネットへ突き刺さった。観客席一斉に立ち上がる。(後でビデオを見ると、バックスタンドが一斉に立ち上がる様は鳥肌ものだった)。

「1−0の、この後が長いんだよねぇ」と娘と話す。でも、マリノスのDF陣は屈強。この日も安定していた。

CK後広島のカウンターを受けた時、長駆して防いだのは俊輔だった。ガッツポーズをする俊輔。大拍手の観客席。

奈良輪はミキッチを完全に抑えた。ミキッチへのボールカットも多く、ミキッチはやる気をなくしていったようだった。途中交代。

後半の後半はかなり攻めたてられた。コーナーキックも多くてハラハラした。こういう展開から追いつかれたこともあった。だけど清水戦も、マリノスは辛抱強く守った。大丈夫だろうと思った。

藤田に交代。全力のチェイス。学も走る。スタンド一体となってマリノスを応援する。残り時間少ないところでFK。俊輔、決めれば格好良かったけれど、ま、とにかく勝てばいい。

試合終了。
クリックすると元のサイズで表示します
選手が挨拶に回ってきた時、私は「奈良輪〜!よかったよぉ」と叫んだ。周囲の人たちは「寿人は目立たなかったね」なんて言っていた。中澤と勇蔵はさすがだった。

クリックすると元のサイズで表示します
殊勲者の学。

動きが悪くても、決める時に決めるのがエース。「学くんは大物になってきたね」と娘。

広島サポは選手たちを拍手で迎えていた。いい試合だった。

ゴール裏でのインタビュー。奈良輪君の言葉は本当に立派だ。

前回も「自分は毎日毎日が勝負なんで、練習から頑張る」に強い気持ちを感じた。
今回は「ドゥさんが出られないと分かった時から最高の準備をしてきたので、これでダメだったら自分はそこまでの選手という気持ちでやった」に、胸がうぅっとなった。

そうなんだよね。こういう強い気持ちの言葉、若手から聞けるのは幸せだ。

それにつけても思うのは木村幸吉監督時代。

「若手登用」とか支持する人も多かったけれど、私はずっと疑問だった。「温情で使われるのでなく、実力で奪え」と書いたら「それでは若手は伸びませんよ」と言われたこともある。でも、そんなので伸びるのは本当の力じゃない。その証拠にその頃の若手は今、マリノスにいない。

話のずれついでに、言ってしまう。

俊輔のことをいろいろ書くサポがいる。「昔の俊輔は自分勝手だったけれど、今の俊輔は(心を入れ替えて)チームを引っ張っているから支持する」みたいな・・・。何言ってんのよ、が私の気持ち。

いっそ、サポーターリーダーのヒロアキくんみたいに「マリノスのために戦う覚悟はできたか、なんて言ってすみませんでした」と言ってくれる方がずっといい。

20代の若い俊輔が自分本位でもそれは当然。むしろそうでなかったら変だと思う。チームの中心になっても監督やら先輩やらチーム全体の中で、言えることと言えないことがあるし、やれないこともある。俊輔のことを言うんだったら、中澤さんなんか、桑原さん時代もW木村さん時代も、それはそれはチームを突き放していたもんね。

(追記:W杯南ア大会の俊輔の献身ぶりのことを思うと悲しくなる)

私は今も昔も、いつでも俊輔のプレーと俊輔の発言が好き。

今更俊輔を評価するなんて、それこそ自分はサッカーがわかっているんだよ、或いは自分はいつも正しいと言いたいだけじゃないの(毒)。すみません、横道に逸れすぎました。

とにかく、マリノスは大分にも勝って、そして全勝で、優勝を決めてくれ!!!
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ