2014/4/15

桜と桃とスモモ  旅・散歩

昨年、勝沼へ桃の花を見に行った夫が「ぜひ風景を見せたい」と言うので、行くことにした。

新横浜−(横浜線)−八王子−(中央線)高尾−塩山まで乗り継ぐ。中央線はハイキングor登山のシニア層でいっぱいだ。もちろん若いカップルもいた。自転車を持って乗り込んでくる若者たちもいた。

平地では葉桜だが、山に入るにつれ、桜が目立つようになる。新緑も緑が段々薄くなり、薄茶色の冬の山となる。谷筋にはまだ雪が残っている。

塩山に着く頃には登山客は全くいなくなっていた。まず慈雲寺へ。
クリックすると元のサイズで表示します
まだ間に合った。イトザクラ。大きすぎて画面に収まらない。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと離れたところから撮影。樹齢300年。見事です。

寺の中は観光客でいっぱい。駐車場も満杯、観光バスも来る。

「一葉のみち」という散歩コースがあるので、コースに沿って歩いていく。途中、コースを逆から来る人たちに沢山会った。「クラブツーリズム」のバス旅の人たちだった。

(一葉の父が慈雲寺で読み書きを習ったことにちなんで「一葉のみち」というらしい)

クリックすると元のサイズで表示します
向久保日向薬師。ここも桜がきれいだが、何より塩山桃源郷を一望できるのが魅力。

クリックすると元のサイズで表示します
桃の木。陽が当たるように整枝竹で枝を広げている。まだ花にはちょっと早かった。

スモモの白い花が盛りだった。スモモの木 ↓↓
クリックすると元のサイズで表示します

日向薬師から滝山院へ。ここにも展望台があり、塩山桃源郷が見渡せる。

農家は今、スモモの受粉の季節のようだ。はたきのようなもので花をポンポンと叩いて作業をしていた。

温室の高い骨組みの上に乗って受粉作業をしていた女性に思わず「気を付けてください」と声をかけてしまった。と「大丈夫ですよ」と言いながら下りてきて、気さくに作業を説明してくれた。

近くのブドウのビニールハウスは壊れてしまっている。2月大雪のせいだ。
クリックすると元のサイズで表示します
早生ブドウ(早めに出荷する)は2月初めにはハウスにビニールをかけるそうだ。それが雪の重さに耐えきれず全壊。ぶどうは全滅だという。話をした方のハウスはまだビニールをかける前だったので、被害を免れたとか。

全壊したハウスの片付けにはボランティアが駆け付けてくれたのだそうだ。「業者さんだったら、莫大な費用がかかったので、本当に助かったと思います」。でも元のブドウ園に戻すまでには費用がかかるだろう。行政の援助が必要だ。

「プラムや桃が実る頃、また来ますね」と言うと「観光農園をしているので、ぜひいらしてください」。夏頃、またここに来よう。

塩山駅まで戻り、「勝沼ぶどう郷駅」へ。駅は「甚六桜」で有名だ。

クリックすると元のサイズで表示します
カメラを構えた人たちがたくさんいた。撮り鉄さんたちだ。

クリックすると元のサイズで表示します
「勝沼ぶどうの丘」より勝沼。ピンク部分は桃畑。遠くに南アルプスがぼんやり見える。ここで昼食。ワインも買った。

今日の旅行はこれで終わり。帰りの電車も登山帰りのシニアでいっぱいだった。

(そうそう、新横浜駅でおそろいのスーツ姿のかっこいい人たちに遭遇。以前ベガルタ仙台の選手に遭ったこともあるので、サッカー選手かな?と思って見ていたら、三都主選手が通った。FC岐阜の選手ですね。今日横浜FCとの試合があったはず。にしてもスポーツ選手はスッキリ、精悍です)
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ