2014/11/12

11.11国会包囲  政治

11月11日国会正門前に行ってきた。「戦争させない・9条壊すな!11.11総がかり国会包囲行動」だ。約2か月ぶりの政治行動

今日は、議員会館前、官邸前、国会図書館前、国会正門前の4か所に分かれての抗議活動だった。

一般市民は国会正門前というので、地下鉄駅から国会正門へ向かう。
クリックすると元のサイズで表示します
国会を見ながら、横断歩道を渡り、スピーチ台のある方へ。

国会正門前に着いた頃、ちょうど吉田社民党首がスピーチしていた。スピーチ台あたりは人がぎっしりだったので、列の最後尾についた。

志位共産党委員長やら政治家のスピーチの後、佐高信さん、香山リカさん(香山さんのスピーチは初めて聞く)、落合恵子さんのスピーチ。

辺野古の基地反対運動をしている方、川内原発再稼働反対、韓国の方、弁護士会、大学の先生、様々な方のスピーチがあった。怒りのこもった演説ばかりだった。

特定秘密保護法、集団的自衛権の閣議決定、辺野古基地移設、川内原発再稼働、TPP、派遣労働法改悪、消費税増税、アベのやることは国民を苦しめることばかりだ。

声を上げていくしかない。

スピーチとシュプレヒコールの後、1000人委員会の高田さんより、今日の人数報告があった。およそ7千名の参加だったそうだ。

あの集団的自衛権閣議決定の日、数万人の人が抗議に押し掛けた。それに比べると、1万人切ったからちょっと寂しい。それでも、雨模様の平日の夜、7千名が参加したことは意味があると思う。

包囲行動の最後、「青信号で歩道を渡り、私たちの意志を示そう」と主催者が呼びかけたところ、警察が横断歩道を封鎖。

主催者も、弁護士も、横断歩道封鎖には「何の法的根拠もない」と強く抗議する。一方、参加者たちには「弁護士が麹町警察署長と交渉しているから、落ち着いて待ってください」と呼びかけがあった。

血の気の多い人は、「通せよ!」と警官に食って掛かっていた。警備用柵を押したりする人もいた。

すると近くの女性たちが「やめよう」「意味ないよ」とその男性の手をひっぱり、やめさせようとした。「落ち着けよ」と男性たちも声をかける。「警察に口実を与えるようなことはやめよう」。

そのうちに主催者から「内田弁護士と麹町署と話し合いがついて横断歩道は渡れるようになった」と報告があった。しかし警察は封鎖を解こうとしない。「何の法的根拠もないのに、抗議行動を妨害することは許されない!」「警察は法を守れ!」「青信号を渡るのを拒否する権利は警察にはない」「話はついているのに、なお妨害するとはなんだ!」「恥を知れ!」と大きな抗議の声が起きる。

「横断歩道の向こう側に荷物があるから、通れないと困る。憲政記念館の周囲をぐるっと回らないと行けないなんてひどいよね」と言っている人たちもいた。

で、とうとう警察が封鎖を解いた。
クリックすると元のサイズで表示します
日本山妙法寺の僧侶や「週刊金曜日」、「たんぽぽ舎」、市民運動の人たち、労組の人たちが横断歩道を渡って、向こう側へ行った。そして、次の青信号で戻ってきた。

私は見てただけで、横断歩道は渡らなかったよ。

近くに弁護士さんたちがいた。弁護士さんがいると、とても心強い。

そこで、今日の行動は終了となった。最後、盛り上がった(と言ったら趣味悪いかな)。

「解釈で憲法を壊すな!」さんのtweetより
********************

1



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ